学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部

スポーツマネジメント学部

社会におけるスポーツの価値について学び、
スポーツ産業の発展と豊かなスポーツライフの実現に資する人材を育成する。

スポーツの経済価値や公共財としての機能をビジネスや公共サービスとして拡大し
地域社会の活性化に資する人材を育成する

写真:日比野 幹生
スポーツマネジメント学部長
日比野 幹生
2011年(平成23年)公布の「スポーツ基本法」や2015年(平成27年)設置の「スポーツ庁」はスポーツを国家戦略として位置付け、スポーツ産業の拡大や、国民の健康増進や地域社会の活性化を目的にスポーツの振興を図る方針を明らかにしました。そこで求められるのが、スポーツの経済的価値や公共財としての機能を理解し、ビジネスや公共サービスとして先導できるリーダーです。
こうした社会の要請に応え、長年体育・スポーツ指導者を育成してきた日本体育大学は横浜・健志台キャンパス(神奈川県横浜市)にスポーツマネジメント学部を設置し、スポーツおよびスポーツライフをマネジメントする人材の育成に特化した教育を実践します。

育成する人材

スポーツの価値を理解し、新たなビジネスを創出して発展させる能力を養う。

生涯スポーツの普及を通し、地域の活性化と健康増進を支援する能力を養う。

習得すべきスキル

スポーツマネジメント学部 共通カリキュラム

学部共通科目
教養科目 総合教育科目
  • 国語表現Ⅰ
  • 国語表現Ⅱ
  • 基礎英語Ⅰ
  • 基礎英語Ⅱ
  • 英語コミュニケーションⅠ
  • 英語コミュニケーションⅡ
  • 哲学
  • 法学(日本国憲法)
  • 心理学
  • 芸術(音楽)
  • 情報処理(情報機器の操作を含む)
  • 社会学
  • 歴史学
  • 経済学
  • 統計学
  • 生命科学
  • 海外語学研修
  • 応用英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • 中国語
  • コリア語
  • 日体大の歴史(日体伝統実習を含む)
  • 体育研究発表実演会
  • スポーツと組織
  • 海浜実習
  • キャンプ実習
  • スキー実習
  • スケート実習
  • スポーツマネジメント研究A
  • スポーツマネジメント研究B
  • スポーツマネジメント研究C
  • スポーツマネジメント研究D
  • 卒業研究
  • キャリアデザインA
  • キャリアデザインB
  • インターンシップ
    (事前・事後指導を含む)
学部専門科目(理論・体育実技)
理論 基幹科目 理論 展開科目 体育実技 展開科目
  • スポーツマネジメント概論
  • スポーツ社会学
  • スポーツ政策学
  • アンチ・ドーピング
  • ボランティア論
  • 情報リテラシー
  • 地域社会とスポーツ
  • スポーツガバナンス論
  • スポーツ法学
  • スポーツ経済学
  • スポーツ哲学
  • スポーツ史
  • 機能解剖学
  • スポーツ生理学
  • 発育発達論
  • トレーニング学
  • スポーツ栄養学
    (食品学を含む)
  • スポーツ医学
  • スポーツ心理学
  • 衛生学・公衆衛生学
    (運動衛生学を含む)
  • 救急処置実習
  • トレーニング実践演習
  • 運動方法・体つくり運動
    (体操)
  • 運動方法・器械運動
  • 運動方法・陸上競技
  • 運動方法・水泳
  • 運動方法・ソフトボール
    (野球を含む)
  • 運動方法・ダンス
    (フォークダンスを含む)
  • 運動方法・球技A
  • 運動方法・球技B
  • 運動方法・武道(柔道)
  • 運動方法・武道(剣道)
  • 運動方法・武道(相撲)
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求