日本体育大学 体操研究室 / NITTAIDAI Gymnastics Laboratory

 体操は人間が創造した最古の人為的な運動のひとつと言えるでしょう。日本における体操の歴史は明治以降に始まり、ヨーロッパの近代体操の流れを受け継いだ、輸入された運動でした。しかし、それら輸入された体操は、日本独自の運動様式として発展し、現在では世界に影響を与えるまでになりました。
 人間にとって健康を維持する為にはさまざまな要素が必要です。運動はもとより、栄養・休養・ストレスの回避・精神衛生などのさまざまなことを考慮しなければなりません。単に健康と称してもその内容は複雑で多岐にわたっているからです。
 現在、体操のとらえ方は一般的には2つに分かれています。競技を目的とした体操と誰でもできる簡単な運動を健康につなげていく体操です。前者は、体操競技や新体操で技術力を重視した体操であり、後者は、競技を目的とせず誰もが気軽に運動が実施できて快適な生活を営めることを目的とした体操です。競技を目的としない体操は、乳幼児から高齢者まで幅広い範囲で人々に定着しています。