学友会クラブ・サークル活動

沼津直樹助教が日本バイオメカニクス学会奨励賞を受賞されました!

9月18日~20日で開催された、今年度の日本バイオメカニクス学会(第26回大会)にて 沼津直樹助教が、
日本バイオメカニクス学会奨励賞を受賞されました。

~以下、沼津助教からの説明です~

私は、サッカーのゴールキーパー(GK)がシュートを防ぐために行う横跳び動作(ダイビング動作)を対象として研究しています。
GKは時速100kmを超えるシュートを防ぐことが求められることもあるため、現在は「GKはどのような身体の使い方で速いシュートに対応しているのか」、「GKはなぜシュートを止められたのか(止められなかったのか)」といったことをバイオメカニクスの観点から分析しています。
その中で、今回はシュートを防ぐことができた場合と防げなかった場合の動作の違いを検討し、賞を頂戴しました。
これからも研究を通して、より良いGKの指導法や評価法を提案し、より多くの人にGKの楽しさを伝えられるようにしたいと考えています。

numazu

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧