学友会クラブ・サークル活動

家計が急変した際に申請できる学費減免・奨学金

主たる家計支持者の死亡、失職、疾病または震災・火災・風水害・新型コロナウイルス感染症の影響等による家計急変のため、学業の継続が著しく困難になった場合、以下の制度に採用される可能性があります。いずれの場合も詳しい状況をお伺いする必要がありますので、まずは各担当窓口に相談してください。

令和2年5月12日

最終更新:令和2年7月15日

日本体育大学 学費減免制度(家計急変)

  1. 現在、本学の正規課程に在学する者 ※休学中の者および正規の修了年限を超えて在学する者を除く
  2. 家計急変の事由が12ヶ月以内に発生したもの
  3. 日本学生支援機構等奨学金を併用してもなお学費納入が困難な者

減免額

申し込みをした学期(前学期または後学期)の施設設備費、教育充実費に相当する額

注意事項

※日本学生支援機構等奨学金(給付・貸与)を受けていない場合は、そちらの申請を行ってからの手続きとなります。
※申請には、学生本人による事前相談が必要です。

担当窓口

学生支援センター ※授業日8:30-17:00
〈東京・世田谷キャンパス〉 TEL:03-5706-0904
〈横浜・健志台キャンパス〉 TEL:045-963-7905

日本体育大学・日本体育大学大学院 
学費減免制度(新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う家計急変)NEW!!

  1. 現在、本学の正規課程に在学する者 ※休学中の者を除く
  2. 国や地方自治体が、感染症の感染防止による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の受給対象者であること、又は事由発生後の1年間の所得見込が昨年の所得と比較して1/2以下であること
  3. 事由発生後の1年間の所得見込が給与所得者の場合は841万円以下、給与所得者以外の場合は355万円以下であること

減免額

令和2年度後学期授業料の2分の1に相当する額

注意事項

※申請には、学生本人による事前相談が必要です

担当窓口

学生支援センター ※授業日8:30-17:00
〈東京・世田谷キャンパス〉 TEL:03-5706-0904
〈横浜・健志台キャンパス〉 TEL:045-963-7905

高等教育の修学支援新制度(家計急変)

2020年4月からスタートした高等教育の修学支援新制度は、一定の学業基準、家計基準を満たせば、授業料等の減免や日本学生支援機構の給付奨学金が受けられる制度です。
新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合も、本制度の支援を申請することができます。

高等教育の修学支援新制度について(文部科学省HP)
https://www.mext.go.jp/kyufu/student/daigaku.html

PDF新型 コロナウィルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ(PDF:1.83MB)

PDF【Q&A】新型コロナウィルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ(PDF:108KB)

この制度による支援を受けるには、まず日本学生支援機構給付奨学金(家計急変)に申請することが必要です。採用された日本学生支援機構の給付奨学金の支援区分により、授業料等の減免額も決定されます。

日本学生支援機構・給付奨学金 (家計急変)

  1. 家計急変の事由が3か月以内に発生したもの
    ※入学前の15ヶ月前以降(進級前1月~3月)の事由発生の場合は6月末まで
    ※コロナ関連の場合は事由発生日は、収入が減少した月の末日(収入が減少した月の前月の末日とすることも可能)
  2. 機構の定める「学力基準」と「家計基準(収入基準・資産基準)」の両方を満たすこと

学力基準

【1年生】以下の1または2に該当していること。

  1. 高等学校等における評定平均値が3.5以上であること。
  2. 学修計画書にて、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが確認できること。

【2年生以上】以下の1および2に該当すること。

  1. 修得した単位数が標準修得単位数以上であること。
  2. 累計GPAが上位1/2の範囲に属すること。上位1/2の範囲に該当しない場合は、学修計画書にて、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが確認できること。

家計基準

進学資金シミュレーターにてご確認ください。(日本学生支援機構HP)
https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

担当窓口

学生支援センター日本学生支援機構(JASSO)担当 TEL:03-5706-0969
※授業日9:00-17:00(申請には、学生本人による相談が必要です)

日本学生支援機構・貸与奨学金 (緊急・応急)

  1. 家計急変の事由が12ヶ月以内に発生したもの
  2. 機構の定める「学力基準」と「家計基準(収入基準・資産基準)」の両方を満たすこと

緊急採用(第一種奨学金)

〇学力基準
以下のいずれかに該当する者。
・大学等における学業成績が、平均水準以上である者
・特定の分野において特に優れた資質・能力を有する者
・大学等における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある者
・その他特別の理由により、緊急採用の対象とすることが必要であると学校長が特に認める者

〇家計基準
以下のいずれかに該当する者。
・家計急変の事由が生じたことによりその後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実である者
・家計急変の事由により、申込者の属する世帯の年間の支出額が著しく増大した場合、又は年間の収入額が著しく(概ね2割程度)減少した場合
・その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と学校長が特に認める者

応急採用(第二種奨学金)

〇学力基準
以下のいずれにも該当しない者。
・成績不振による原級中の者
・休学中の者

〇家計基準
以下のいずれかに該当する者。
・今後とも家計急変の事由が生じたことによる経済困難が継続すると見込まれる者
・学力及び家計を総合的に判断し学校長が緊急に奨学金を必要と認める者

緊急・応急採用奨学金(日本学生支援機構HP)

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/index.html

担当窓口

学生支援センター日本学生支援機構(JASSO)担当 TEL:03-5706-0969
※授業日9:00-17:00(申請には、学生本人による相談が必要です)

今からでも申請可能な学費減免・奨学金

日本体育大学奨学金制度(雄渾奨学金)※一部修正あり

奨学金の貸与を受けている者でかつ経済的に困窮し修学困難な者 

対象

学部:1-4年次

申込時期

n-passに募集要項等を掲載いたします。

※例年6月中旬に募集を開始してまいたが、新型コロナウイルス感染拡大による影響により経済状況が悪化する学生が多いと予想されることから、日本体育大学を応援してくださっている皆様、ならびに教職員より多額の寄付を頂戴しており、募集人数等の調整を行っております。募集開始につきましては今しばらくお待ちください。

日本学生支援機構奨学金(給付・貸与)定期採用

令和2年度前学期の申し込み受付は終了いたしました。二次採用(9月以降)の募集がまいりましたらn-passにて告知をいたします。

担当窓口

学生支援センター日本学生支援機構(JASSO)担当 TEL:03-5706-0969
※授業日9:00-17:00(申請には、学生本人による相談が必要です)

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧