学友会クラブ・サークル活動

『危険ドラッグ及び交通安全教育』、『ゴミの分別』に関する講演会を開催いたしました。

平成27年2月24日(火)、横浜・健志台キャンパスにて神奈川県警察本部と神奈川県青葉警察署の協力による、本学の学生・教職員を対象に『危険ドラッグ違法・危険性・これらに絡む情勢及び交通安全教育』を、また横浜市資源循環局からは『ゴミの分別について』90分間の講演会を開催いたしました。

神奈川県警察本部の薬物銃器対策課薬物捜査伝承官である志水佳比古講師からは『危険ドラッグ等薬物乱用の恐ろしさとその実態、正しい知識』、神奈川県青葉警察署交通課の宰田警部補からは『交通安全教育』、横浜市資源循環局の寺谷講師からは『ゴミの分別』についてお話いただきました。

講演会には、本学の学生・教職員の計497名という立ち見の学生が出るほど多くの方が参加しました。

 
 志水佳比古講師による講演(危険ドラッグ)

 
 宰田警部補による講演(交通安全)

 
 寺谷講師による講演(ゴミの分別)

「危険ドラッグ講習会で学んだことは麻薬や大麻などは、身近に潜む危険なものだということを学びました。適切な知識を持ち、誘われても断れるようにしていきたいです。家族、大学、クラブ等にも重大な影響を及ぼすことが分かりました。また、交通安全講習についてはバイク、自転車の危険性について事例を交えた説明があり、分かりやすく大変参考になりました。最後に横浜市の家庭のゴミの分別について講話が有り、合宿所のゴミの出し方が悪いことが分かった。今後は、資源の大切さに気をつけてリサイクル出来るものはリサイクルゴミとして再生出来るよう分別していきたいと思います。根気!やる気!元気!勇気を大切に、これからの大学生活を過ごしていきたいと思います。どうもありがとうございました。」(体育学部 体育学科 長谷川英治さん(1年)

本当に多くの学生・教職員が参加し、危険ドラッグの危険性、道路交通法等の大切さ、ゴミ分別の必要性について多く学びました。神奈川県警察本部、神奈川県青葉警察署、横浜市資源循環局のみなさまご協力ありがとうございました。

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧