学友会クラブ・サークル活動

「JICAボランティア平成30年度第四次隊派遣前訓練修了式」において松浪健四郎理事長が祝辞を送り、法人・大学関係者10名が出席致しました

平成31年3月18日(月)、JICAボランティア平成30年度第四次隊派遣前訓練修了式が長野県駒ケ根市にある独立行政法人国際協力機構駒ケ根青年海外協力隊訓練所において実施されました。

平成30年度第四次隊として各国に派遣予定であり、70日間に渡る訓練を終えた新隊員65名、他JICA関係者、来賓、新隊員の家族等が参加し盛大に行われました。

来賓として招待された本法人 松浪健四郎理事長より新隊員の方々へ自身の経験を踏まえ祝辞を述べられました。祝辞の冒頭、今般修了生へ「青年海外協力隊員は尊敬され、愛される存在であれ」と激励されました。修了証授与の際の新隊員所作に対し、注意を促す意図があった様子。また「異文化を理解すること」を国技である相撲を引き合いに、日本もまた独自性があり、他国から見れば異様な文化であることの理解を求めました。また、危機管理に関して日本で帰りを待つ家族がいることを念頭に、行動を心がけるようにとアドバイスを送られました。「無事に日本に帰国すること」広尾に建立された青年海外協力隊員の慰霊碑「友よやすらかに」には、今も300名を超える先輩隊員が眠る。気を緩めず、大切な人を悲しませないよう、生きて帰ってくること。事例を交えながらの祝辞に、新隊員の皆さんも熱心に耳を傾けていました。

残念ながら新隊員として訓練を受けた本学の卒業生はおりませんでしたが、松浪健四郎理事長他本学関係者より新隊員へ激励がなされました。   

理事長祝辞
松浪理事長からの祝辞の様子

集合写真

修了式出席者

学校法人日本体育大学

理事長 松浪健四郎
常務理事 今村裕
管理部管財課 西村典文

日本体育大学

学長 具志堅幸司
スポーツ国際学科長 金田英子
国際交流センター長 荒木達雄
国際交流センター副センター長 山口和之
国際交流センター事務長 成川友邦
他 職員2名

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧