学友会クラブ・サークル活動

第88代学生横綱 明月院秀政(武道学科4年)が九重部屋入り!

2011.01.25/管理部 広報課

1月24日(月)、東京・世田谷キャンパスにおいて、第88代学生横綱 明月院秀政(武道学科4年)の大相撲入りにあたっての記者会見が行われました。入門するのは、昨年先輩千代桜右京(本名立野卓 2010年武道学科卒)が入門している九重部屋。記者会見には九重親方(元横綱千代の富士)も出席され、多く報道陣が集まり期待の大きさを伺わせました。
明月院からは「1日も早く関取になることが目標」と決意が表明され、九重親方からは、「立ち上がりから一気に攻める相撲が魅力な選手。大きな逸材であるので大切に育てたい」と期待がかけられました。
明月院は、昨年の国体成年個人を制して幕下15枚目格付け出し資格を得ており、3月の春場所で初土俵を踏む予定になっています。

プロフィール
■明月院 秀政(めいげついん・ひでまさ) 
・第88代学生横綱、2010国体成年個人優勝
・東京都葛飾区出身。180cm、160kg。
・都立足立新田高―日本体育大学体育学部武道学科4年・相撲部主将。
・小学校6年生から地元相撲教室で相撲を始めた。

左から齋藤監督、山本九重部屋後援会長、九重親方、  明月院秀政、谷釜学長、塔尾理事長
左から齋藤監督、山本九重部屋後援会長、九重親方、  明月院秀政、谷釜学長、塔尾理事長
九重親方とがっちりと握手
九重親方とがっちりと握手
決意を話す明月院
決意を話す明月院
九重親方によるご挨拶
九重親方によるご挨拶
多くの報道陣が集まりました
多くの報道陣が集まりました
総務部のお願いに快く対応していただきました!
総務部のお願いに快く対応していただきました!
ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧