学友会クラブ・サークル活動

「体験の風をおこそうフォーラム」にて具志堅幸司体育学部長、田中理恵助教が講演されました

平成26年9月11日に国立オリンピック記念青少年総合センターにて「体験の風をおこそうフォーラム」が開催されました。本学からは具志堅幸司体育学部長、田中理恵助教が講演者として参加し、全国の青少年教育関係者を中心に約200名の来場がありました。
今回のフォーラムはその一環として、「本気になれば何かが変わる 挑戦すること」というテーマで開催され、オリンピアンの二人が競技生活での経験を交えながらいくつかの設問に答えていきました。
具志堅先生は学生時代の大きな2つの怪我と体操競技館焼失という大きな転機を乗り越え、オリンピック・今に至っている話や、田中先生は大学に入ってから大きな手術をしてリハビリしている際に「負けたくない」という気持ちから体操に再度打ち込みオリンピックを目指したことなどを話されました。講演後は来場者より多くの質問を受けるなど会場は大いに盛り上がっていました。

※「体験の風をおこそう」運動は、近年子どもたちの自然体験、社会体験、生活体験などの体験が減少している状況を踏まえ、子どもたちの健やかな成長にとって体験がいかに重要であるかを広く家庭や社会に伝え、様々な体験の機会や場の拡充など体験活動の推進について社会的機運の醸成をはかることを目的として、平成22年から開始された運動です。


0923taikenkaze.jpg

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧