学友会クラブ・サークル活動

ブルーノ・グランディ国際体操連盟会長 名誉博士称号授与式・記念講演を挙行

 平成25年4月8日、東京・世田谷キャンパス記念講堂にて、ブルーノ・グランディ国際体操連盟(FIG)会長への日本体育大学名誉博士称号授与式を挙行いたしました。今回で本学からの名誉博士称号の授与は8人目となります。

 授与理由としては、東日本大震災の影響で開催が危ぶまれていた世界体操選手権東京大会について、FIG会長として東京開催の方針を変えず開催に尽力してくださったこと、大会期間中には被災地の体操クラブを訪問し、FIGを代表して子どもたちに励ましの言葉と見舞金を送ったことなど、「人類の平和」を目的とするスポーツ及び体操の推進に力を注いできた同氏を高く評価したことによります。

 授与式終了後は、「体操界における優先されるべき今日的課題」をテーマに、ブルーノ氏による特別記念講演が行われました。技の難度と芸術性・美しさという二つの概念が互いに補い、そして対立する体操の難しさと奥深さなどについて、熱心に語っていただきました。

ブルーノ氏と谷釜学長

ブルーノ氏(左)と谷釜学長(右)

ブルーノ氏と田中理恵助教

花束のプレゼンターを務めた田中理恵助教
式典後、体操競技の採点規則についてブルーノ氏と意見を交わしていたのが印象的でした。

ブルーノ・グランディFIG会長

記念講演を行うブルーノ・グランディFIG会長
客席の中には、時折メモを取りながら講演に聴き入る学生の姿も見られました。

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧