学友会クラブ・サークル活動

「時代に適合したコーチング~NCAA日本人コーチと考える大学スポーツコーチング~」の開催について


複雑で多様化したこの時代において過去の経験のみに頼ったやり方では、効果的なコーチングを実践することは難しくなっています。
自分たちの思考の枠を超えて、コーチングに革新をもたらすためには、枠外のものに触れることが効果的です。

そこで、スタンフォード大学アメリカンフットボール部Offensive Assistantの河田剛氏をお招きし、日本体育大学コーチングエクセレンスセンター長伊藤雅充との対談および参加者も含めた議論を行うことで、時代に適合したコーチングをともに考えていきたいと思います。

写真:河田

講師:河田 剛(かわだ・つよし)

1972年7月9日 生まれ埼玉県さいたま市出身。
1991年 城西大学でアメリカンフットボールを始め、1995年よりオービック・シーガルズで活動。
選手として4回、コーチとして1回、日本一達成。
引退後、2007年に渡米し、スタンフォード大学アメリカンフットボール部でボランティアコーチ就任。
2011年より 正式に採用され、Offensive Assistantに就任。
現在、日本人の選手や指導者の中で、 米プロフットボールNFLに最も近い存在といえる。

著書に『不合理だらけの日本スポーツ界』~ディスカバー携書~

写真:伊藤雅充

ファシリテーター:伊藤 雅充 (いとう・まさみつ)

日本体育大学体育学部教授としてコーチング学の教育・研究を行うとともに、コーチングエクセレンスセンター長として日本体育大学のコーチングの質向上に取り組んでいる。2014〜2016年には国のコーチング・モデル・コア・カリキュラム策定チームの一員として活動し、現在も日本スポーツ協会公認スポーツ指導者制度検討プロジェクト委員として日本の新しいコーチ育成システムの構築に取り組んでいる。国際的にはアジアコーチング科学協会副会長、国際コーチングエクセレンス評議会科学委員などを務め、2013年に開設された日本体育大学コーチデベロッパーアカデミーでは運営責任者として、世界中のコーチデベロッパー養成に取り組んでいる。その他、発展途上国のコーチ育成を通したパラスポーツ開発支援等を行っている。

テーマ

時代に適合したコーチング

サブテーマ

NCAA日本人コーチと考える大学スポーツコーチング

日時

2018年7月20日(金) 17:30〜19:30(開場17:00)

会場

日本体育大学 東京・世田谷キャンパス 教育研究棟 5階 大会議室

申込み

https://goo.gl/forms/87Rdwy4LWgv20ClG3

備考

本セミナーはメディア公開を予定しております。

来場者におかれましては、会場内に取材のためのカメラや撮影チームが入る可能性がございます。あらかじめご了承ください。

取材を希望される場合は、事前に広報課まで取材申込書(PDF:125KB)にてお申し込みをお願いいたします。

本件問い合わせ先

■セミナーについて
コーチングエクセレンスセンター
(助教 富永・中村)
電話:03-5706-0931
メール:t-nakamura@nittai.ac.jp

■取材申込みについて

広報課
TEL:03-5706-0948
FAX:03-5706-0922

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧