学友会クラブ・サークル活動

平成26年度卒業式及び学位授与式、日本体育大学女子短期大学部閉校に伴う「感謝の会」を開催いたしました。

平成26年度卒業式及び学位授与式

平成27年3月10日(火) 東京・世田谷キャンパススポーツ棟メインアリーナにて、平成26年度日本体育大学体育学部 第63回卒業式、日本体育大学女子短期大学部 専攻科 第7回修了式を挙行いたしました。

体育学部 1,336名(体育学科 864名、健康学科 185名、武道学科 105名、社会体育学科 182名)、日本体育大学女子短期大学部 専攻科 48名の合わせて約1,384名の学生が本学を巣立っていきました。本年度の学位記等の介添えは、2010年世界体操競技選手権大会において日本人女性として初のエレガンス賞を受賞した田中理恵助教が行い、式に花を添えました。また当日の式典の様子はインターネットでライブ中継されました。
(ライブ中継 4/10まで再放送中⇒http://www.ustream.tv/recorded/59723792

午後からは、場所を教育研究棟 記念講堂に移して、大学院学位記授与式(体育科学研究科 博士前期課程 第39回学位記授与式、体育科学研究科 博士後期課程 第15回学位記授与式)が行われ、50名の学生が所定の課程を修了し、学位記が授与されました。

谷釜 了正学長による訓辞、祝辞の全文     
【訓辞-平成26年度卒業式-(学部・短大 専攻科)】は、コチラから

平成26年度卒業式
平成26年度 卒業式

学位記の介添えを行なう田中理恵助教
学位記の介添えを行なう田中理恵助教

 平成26年度学位授与式
平成26年度 学位授与式

日本体育大学女子短期大学部閉校に伴う「感謝の会」

本年度をもって短期大学部が61年間の歴史を閉じるにあたり、長い間支えてくださった皆様に、感謝の気持ちをお伝えすべく「感謝の会」が開催されました。

記念講堂にて開催された第一部では、松浪健四郎理事長の挨拶から始まり、谷釜了正学長、昭和34年度体育科卒業生の眞如紀子元教授からご挨拶をいただき、短期大学部の歴史を振り返るとともに、卒業生へのエールを送っていただきました。また最後の卒業生を代表して、松崎紗奈さんからは、学生生活を振り返ると共に、エールに応えられるよう頑張るとの挨拶がありました。

その後、昭和34年度体育科卒業生である花柳徳次海(小林峰子)先生から、端唄「槍さび」の演舞をいただき、時本久美子短期大学部長の挨拶で、第一部は終了いたしました。

懇親会としてNレストランにて開催された第二部では、関係された先生方の挨拶をいただき、終始なごやかなムードの中進められました。実習の思い出などを語り合い、参加された皆さまには、卒業生同士又は教員と旧交を温める機会となりました。

会では、閉校を迎える短期大学部に思いをはせ、涙ぐむようなシーンもありましたが、短期大学部は、児童スポーツ教育学部に発展的に引き継がれます。短期大学部の伝統を活かして、今後も引続き発展していけるよう努力してまいりますので、かわらぬご支援ご協力をお願い申し上げます。

式典の様子
感謝の会

端唄「槍さび」を演舞される花柳徳次海先生
端唄「槍さび」を演舞される花柳徳次海先生

左から 岡本 美和子教授、花柳 徳次海先生、時本 久美子短期大学部長
左から 岡本 美和子教授、花柳 徳次海先生、時本 久美子短期大学部長

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧