学友会クラブ・サークル活動

「WBSC第16回世界男子ソフトボール選手権大会」準優勝!

令和元年6月13日(木)より23日(日)、チェコ・プラハにて、WBSC第16回世界男子ソフトボール選手権大会が開催された。本学男子ソフトボール部からは、3年:小山玲央が投手として日本代表選手に選出され、大会に挑んだ。本大会は、2年に一度の開催で、世界各国から合計16チームが出場し、まず2つのグループに分けそれぞれ1回総当たりの予選リーグが行われ、そして各グループの上位4チームにより決勝トーナメントを行なうといった、まさに"世界の頂点"を決める大会である。

本大会で日本代表は、予選リーグで全勝し、1位通過で決勝トーナメントに進出(小山は7試合中3試合出場し、そのうちの1試合を完投)。そして、準々決勝ではベネズエラに6-0で勝利、準決勝ではニュージーランドに2-1で勝利(小山が完投)、決勝ではアルゼンチンに2-3で惜敗(小山は6回から延長10回まで登板)するも19年ぶりに準優勝という素晴らしい成績を残した。

大会結果の詳細は、下記URLをご参照下さい。
http://www.softball.or.jp/world-mens-championship2019/schedule.html
(公益財団法人日本ソフトボール協会ホームページ)

 

190705_1

190705_2

190705_3

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧