学友会クラブ・サークル活動

ライフセービング部 全日本プール選手権 総合優勝!!

令和元年5月18日,19日に横浜国際プールで行われた第32回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会で学友会ライフセービング部が総合優勝を成し遂げました。5月27日にこの結果を河田部長、藤澤総務担当、代表学生が学長に報告しました。

障害物リレー、メドレーリレーでは大会新記録を出し、個人競技では自己ベストを出したメンバーが多く、部員一人一人がレベルアップして大会にのぞんだ結果が4年ぶりに総合優勝につながったと確信しています。

具志堅学長からは、ご自身が体操競技部の監督時代の練習に対する姿勢や工夫したこと、学生たちの練習から学んだことなど貴重なお話しを伺いました。「何のために」を意識して練習に励んでほしいと激励をいただき、今年度開催される全日本クラスの大会ですべて優勝の報告ができるよう精進して参ります。

日体大ライフセービング部は、新入生17名を迎え、4月24日に入部式、4月30日から5月3日まで下田で日体キャンプ(春合宿)を実施。先輩から受け継いだ情熱を胸に、競技大会と監視救助活動での「水辺の事故ゼロ」を目指し、名実ともに「レスキュー日本一」へと成長を続けます。

 

190515_1

190515_2

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧