学友会クラブ・サークル活動

【ライフセービング】ワールドゲームズ 金メダル獲得!

平成29年8月2日、ライフセービング部卒業生、現在ライフセービング部コーチの幡野圭祐さんと大石健二部長が東京・世田谷キャンパスにて、ワールドゲームズ(ライフセービング競技)での金メダル獲得を具志堅幸司学長へ報告いたしました。

『第2のオリンピック』と言われ、4年に一度、夏季オリンピック・パラリンピック競技大会の翌年に開催されるワールドゲームズ。7月18日からポーランドで開催された今大会で、日本代表チームはライフセービング競技 4×50m障害物リレー(男子)で金メダルを獲得しました。しかも、1分36秒62の世界新記録を樹立。日本ライフセービング協会発足以来、初の快挙でありました。幡野さんは第3泳者として、金メダル獲得に貢献しました。帰国後は、千葉県南房総市の白浜海岸にてライフセーバーとして部員と一緒に監視活動をしています。白浜海岸に行けば「会える金メダリスト」として監視活動に、またコーチとして部員指導と頑張っています。幡野さんは、大会を終えても、今後の海上保安員として国民の安全、そして命を守るべく、日々、練習に頑張っています(ワールドゲームズ大会期間中に海上保安庁から合格通知を頂きました)。

170818_1.jpg

幡野圭祐(はたの けいすけ)さん(体育学部体育学科H29年3月卒業:学友会ライフセービング部コーチ)

170818_2.jpg

試合映像をご覧になる具志堅学長

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧