学友会クラブ・サークル活動

体操競技白井健三、村上茉愛がリオ五輪の結果報告を行いました

平成28年8月30日、体操競技部の白井健三(体育学部2年)、村上茉愛(体育学部2年)が、具志堅幸司副学長、松井幸嗣副学長にリオデジャネイロ五輪の報告をいたしました。
白井健三は男子団体で金メダル、種目別跳馬で銅メダルを獲得し、村上茉愛は女子団体で48年ぶりの4位、種目別ゆかでも決勝まで進むなどの快挙を成し遂げており、両副学長からねぎらいの言葉がかけられました。
終始、和やかな中で現地で実際感じた感想などが話され、金メダル、銅メダルが披露されたときは、本物であるその重さにみな驚き、オリンピックでの感動を振り返っていました。

160830_1.jpg

左から畠田体操競技部男子監督、白井、具志堅副学長、三輪体操競技部部長、村上、松井副学長

160830_2.jpg

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧