学友会クラブ・サークル活動

ポセイドンジャパン(水球日本代表)が文部科学大臣を表敬訪問しました

平成27年12月16日~20日中国・佛山にて開催されたアジア最終予選で優勝し、32年ぶりに五輪出場を決めたポセイドンジャパンの日体大生4名と監督の大本准教授が12月24日学長・理事長への報告を行い、その後、馳浩文部科学大臣を表敬訪問いたしました。

日本代表メンバー13名中9名が日体大関係者で、馳大臣は本学の理事も務められていたこともあり、大変喜んでいらっしゃいました。
また、選手たちへの努力を称えるとともに、デュアルキャリアの重要性に触れ、競技と人生設計の両面からのサポートについて述べていただきました。
監督、選手は来年開催されるオリンピックへの意気込みを語り、終始和やかな訪問となりました。

151224_wp1.jpg

左より足立(体育学科2年)、福島(体育学科4年)、飯田(体育学科4年)、荒井(体育学科4年)、
馳文部科学大臣、大本准教授

151224_wp2.JPG  151224_wp3.JPG

<訪問者> 

大本 洋嗣 准教授 

荒井 陸 (体育学科4年 秀明英光 高校出身)

飯田 純士(体育学科4年 青森商業 高校出身)

福島 丈貴(体育学科4年 鹿児島南 高校出身)

足立 聖弥(体育学科2年 秀明英光 高校出身)

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧