学友会クラブ・サークル活動

自転車競技部が大会報告を谷釜学長・松浪理事長に行いました。

平成26年7月30日、西山部長と自転車競技部所属の5名の選手が谷釜了正学長、松浪健四郎理事長に大会結果の報告を行いました。
報告は以下の通りとなります。

平成26年5月22日~6月1日(5月22日~26日までトラックレース、28日~6月1日までロードレース)、カザフスタン・アスタナにおいてアジア選手権大会が開催され、本学自転車競技部から4名の選手が出場し、女子ポイントレースでは体育学科4年中村 妃智が優勝、女子ロードレースにおいては体育学科1年の坂口 聖香が3位と2名が表彰台に上りました。また、3選手が同大会において日本記録を更新いたしました。

アジア選手権大会 の結果は以下の通りとなります。

【日本新記録を更新】
倉林 巧和《くらばやし たくと》(大学院1年)
4km男子チームパシュート種目において予選・決勝と2回の日本新記録を更新
小島 蓉子(大学院1年)4km女子チームパシュート
中村 妃智《なかむら きさと》(体育学科4年)4km女子チームパシュート

【アジア選手権大会 メダリスト】
中村 妃智《なかむら きさと》(体育学科4年)女子ポイントレースにて優勝
坂口 聖香(体育学科1年)女子ジュニアロードレースにて3位入賞

 

また平成26年7月5日・6日に伊豆ベロドロームにおいて開催された第55回全日本学生選手権トラック自転車競技大会には、本学自転車競技部から3名の選手が出場し、5種目を制覇するという成績を収めました。

全日本学生選手権を制した5種目と選手は以下の通りとなります。

【全日本選手権大会 優勝】
斉藤 望(体育学科2年)女子スプリント、500mタイムトライアル
中村 妃智《なかむらきさと》(体育学科4年)
3kmインディビジュアル・パシュート、女子ポイントレース(15km)
小林 泰正(体育学科2年)男子ポイントレース(40km)

 

小島 蓉子、中村 妃智はアジア大会への出場が決定。
坂口 聖香はユースオリンピックと世界選手権大会への出場が決定しております。

 
左から 
中村妃智、小島蓉子、倉林巧和、谷釜了正学長、松浪健四郎理事長、西山哲成部長、小林泰正、坂口聖香、斉藤望

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧