学友会クラブ・サークル活動

相撲部 第59回全国大学選抜相撲宇佐大会で団体・個人W優勝を飾る!

5月3日(土)大分県宇佐市総合運動場宇佐相撲場において第59回全国大学選抜相撲宇佐大会が開催され、本学相撲部は6年ぶり4回目の団体優勝を果たし、個人戦においてもプレブスレン・デルゲルバヤル(武道教育学科3年)が初優勝を飾り、中村泰輝(武道教育学科1年)が3位に入賞しました。

相撲部 齋藤一雄部長のコメント

【宇佐大会を振り返って】

宇佐大会は毎年ゴールデンウィーク期間に開催されている、全国大会三連戦(宇和島大会、宇佐大会、九州大会)の一つであり、大学相撲の開幕戦でもあるため、各大学気合いを入れて臨んでいる。

大会は団体予選からはじまり、本学は3勝12点で予選を通過し、決勝トーナメントに勝ち進んだ。決勝トーナメント1回戦の相手は同志社大学であった。同志社大学には予選でも勝利しており、5対0で勝利し、準決勝へ進んだ。

準決勝戦の相手は中央大学である。中央大学は先に行われた宇和島大会で団体優勝しており、本学は準決勝で中央大学に敗れ、悔しい思いをしているため是が非でも勝ちたい相手であった。

先鋒の松園大成(武道教育学科3年)は敗れたものの、二陣の中村泰輝(武道教育学科1年)が1年生とは思えない圧巻の押し相撲で中村選手(4年)を押し出しに破り勝利した。中堅戦、デルゲルバヤル(武道教育学科3年)の相手は菅野選手(3年)であった。菅野選手は昨年の全国学生相撲選手権で個人優勝し学生横綱となっている選手である。立ち合い当たった後、しばらく頭をつけあった状態が続いたが、デルゲルバヤルが相手を上手く横にずらし、後ろについて送り出しで勝利した。

副将戦、高橋優太(武道教育学科2年)の相手は住木選手(2年)であった。高橋は立ち合いから終始前へ攻め続け、内容良く寄り倒しで勝利した。大将戦、石崎拓馬(武道教育学科3年)の相手は田中選手(4年)であった。田中選手は先に行われた宇和島大会で個人優勝している実力のある選手である。石崎は立ち合いから鋭い出足を見せ一方的な内容で押し出しに破り勝利した。

決勝戦の相手は東洋大学であった。東洋大学は昨年の全国学生相撲選手権団体三連覇をしている強豪校である。本学としては今後を見据えたうえで全体に負けられない対戦である。

先鋒戦、松園に代わって出場したダライバートル(武道教育学科1年)の相手は城山選手(4年)であった。ダライバートルは相手の左差しを右手でおっつけて凌いでいたが、最後は力負けし寄り倒しで敗れた。

二陣戦、中村の相手は干場選手(2年)であった。立ち合いから出足のある干場選手に押し込まれ、不利な体勢になったものの、土俵際うまく回りこみ上手投げで勝利を収めた。中堅戦、デルゲルバヤルの相手は羽出山選手(2年)であった。デルゲルバヤルは相手の突き押しに押されたものの、落ち着いた相撲で突き落としに破り勝利した。

副将戦、高橋の相手は深井選手(4年)であった。深井選手は昨年の全国学生選手権優勝メンバーであり強烈な突き押しを持っている。優勝に王手をかけた緊張の一番であったが、高橋は迷うことなく立ち合いから一気の攻めで相手を押し出しに破り優勝を決めた。大将戦、石崎の相手は重松選手(4年)であり、重松選手は昨年の全日本選手権準優勝の実力を持っている選手であったが、優勝の流れそのままに石崎は相手を突き落としに破り勝利した。

以上の結果本学は6年ぶり4回目の団体優勝を果たした。

個人戦では、デルゲルバヤルと中村が準決勝まで勝ち進んだ。準決勝はデルゲルバヤルと中村の本学同士の対戦となり、デルゲルバヤルが勝利し決勝に進出した。中村は3位決定戦に臨み、中央大学の中村選手(4年)との対戦を会心の押し相撲で勝利し、1年生ながら3位入賞を果たした。決勝戦はデルゲルバヤルと橋本選手(早稲田大学4年)の対戦であった。デルゲルバヤルは立ち合いの強い橋本選手に対し、五分以上の当たりをみせ、そこから前へ攻め立て、最後は押し出しに破り優勝を決めた。これでデルゲルバヤルは大学通算3個目の全国タイトルを獲得した。

【総評】

学生相撲の大会は、ゴールデンウィークの3大会に始まり、11月の全国学生相撲選手権大会に終わる。私はこの春の3大会は様々な選手に出場機会を与え、今年のチームを構築していく大会と位置づけている。

3大会初戦の宇和島大会では3位という悔しい結果に終わったが、選手それぞれに成長の跡がみられ、また課題も見つかった。それはチームしても同様で、試合後のミーティングでそれぞれの課題点を話し合い、宇佐大会に臨んだ。

個人優勝のデルゲルバヤル(3年)はよく結果を残した。他大学からも研究されていたが、圧倒的な強さで団体戦・個人戦を通じて負けなしの破竹の勢いで2冠に輝いた。彼は努力家で他の選手の模範となる選手であり将来が末恐ろしい才能の持ち主である。また、1年生ながら個人3位入賞の中村も立派なものである。身長192cm、体重162kgと体格にも恵まれ、立ち合いからの突き押し、また右を差しての寄りと組んでも離れても強さを発揮し、今後ますますの活躍が期待出来る選手である。

あと、副将の高橋(2年)も成長著しい選手である。特に、決勝戦の一番では過去に1度も勝ったことのない深井選手(東洋大学4年)相手に、立ち合いから電車道でもっていった相撲は圧巻であった。今春に入学した新潟県立海洋高校の後輩・中村が良い刺激になっているようで、今後もお互いに切磋琢磨し強くなって頂きたい。

上半期の目標である東日本学生相撲選手権大会まえ最後の5人制の大会である宇佐大会で団体優勝できたことは喜ばしいことである。しかし、この大会は11月に開催される全国学生相撲選手権大会への単なる通過点でしかない。この成績に慢心することなく、今後もより一層厳しい稽古に精進していく。

なお、試合の動画は日体大相撲部ブログでご覧いただけます。http://blog.livedoor.jp/nittaidaisumo/

 

相撲部

 

優勝者

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧