学友会クラブ・サークル活動

相撲部、「第41回全国学生相撲個人体重別選手権大会」において本学史上初の快挙!8階級中4階級で個人優勝!

9月18日(日)、大阪・堺市大浜公園相撲場において第41回全国学生相撲個人体重別選手権大会が開催され、本学相撲部は8階級中4階級で個人優勝を果たしました。

相撲部 齋藤一雄部長のコメント

【大会を振り返って】

この大会は65kg未満級,75kg未満級,85kg未満級,100kg未満級,115kg未満級,135kg未満級,135kg以上級,無差別級の8階級で行われ、東日本学生相撲個人体重別選手権大会と西日本学生相撲個人体重別選手権大会の両大会で勝ち残った選手のみが出場できる大会である。軽量級の選手や普段、試合に出場する機会が少ない選手にとっては、この大会が年間の目標であり、この日のために厳しい稽古を重ねてきている。

75kg未満級では、秋本良太(3年)と早田直通(2年)が準決勝戦に勝ち進んだ。準決勝戦、秋本の相手は植松選手(日本大学2年)であった。植松選手には東日本体重別選手権でも対戦しており、勝利しているが高校時代に世界ジュニア相撲選手権大会軽量級で優勝している実績もあり、気の抜けない相手である。秋本は立ち合いから相手の動きをよく見て攻めたて、最後は相手の下に入り押し出しで完勝した。一方早田の相手は、磯和選手(愛知学院大学1年)であった。早田は動き回る相手に対し、焦らず落ち着いた相撲で最後は寄り倒しで勝利した。この結果、決勝戦は本学同士の対戦となり、先輩である秋本が早田を押し出しに破り、昨年の65㎏未満級優勝に続く2階級制覇を成し遂げた。早田は昨年の3位から順位を一つ上げ2位という結果であった。

続く85kg未満級では深野良太(1年)と渡邉晋太郎(1年)の1年生コンビが準決勝に勝ち進んだ。準決勝戦、深野の相手は山本選手(中央大学3年)であった。深野は高校時、世界ジュニア相撲選手権大会で3位に入賞しており、この階級の優勝候補に挙げられていたが、前に出てくる山本選手に対し、受け身の相撲になってしまい引き落しに敗れ3位に終わった。一方渡邉は長身で手足の長い中山選手(大阪大学3年)と対戦し、突いてくる相手に対し突きを上手く掻い潜り、右を深く差すと相手が小手投げに来たところをタイミングよく切り返して勝利を収めた。決勝戦、渡邉の相手は山本選手(中央大学3年)であった。準決勝戦で深野が敗れた相手であり、今大会勢いに乗っている選手である。渡邉は立ち合いで上手く下に潜り、相手に差されたもののそのまま前に攻め込み勝利を収めた。この結果渡邉は1年生ながら優勝を果たした。

135㎏未満級では西澤元康(3年)が決勝戦に勝ち進んだ。決勝戦の相手は、古川選手(日本大学3年)であった。古川選手は全国大会で数多くの入賞実績があり実力のある選手である。西澤は立ち合いで鋭くあたってきた古川選手に対し、上手く左にかわし、叩き込みで勝負を決め優勝を果たした。

無差別級では、主将である三輪隼斗(4年)が決勝戦に勝ち進んだ。決勝戦の相手はトゥルボルド選手(日本大学4年)であった。トゥルボルド選手は昨年度のアマチュア横綱、今年度は世界相撲選手権大会無差別級優勝と実績十分の選手である。三輪も今年度、世界相撲選手権大会中量級で優勝しており、会場の相撲ファンも注目する世界チャンピオン同士の大一番となった。立ち合い、三輪は188㎝、165㎏のトゥルボルド選手に対し、正面からあたり、素早く右を差し低い姿勢で相手を組み止めると左から出し投げを打ち、相手が体勢を崩したところを両前みつに組み替え、頭をつけて下から攻めたてた。上から覆いかぶさるように残る相手に対し、三輪は持ち前の足腰で両前みつを掴んだまま相手を起こすように攻め、最後は相手も残すことができず土俵を割った。この結果、三輪が東日本体重別に続き全国体重別でも無差別級で優勝を飾った。

今大会は8階級中4階級で本学の選手が優勝し、これは本学史上初の快挙となり大会を締めくくることができた。

【総括】

8階級中、4階級で優勝という成績であった。 もろ手を挙げて喜べる成績ではないが、全国学生相撲個人体重別選手権大会としては、本学始まって以来の好成績を残すことができた。特に軽量級3階級のうち、2階級で優勝、2階級で準優勝であった。軽量級の選手たちにとっては、この大会が全国学生相撲選手権大会に相当する大会である。ゆえに、本当に立派な成績を残してくれた。

まずは、75kg未満級秋本良太(3年)。高校時代はそれほど目立った実績を残していない選手であるが、昨年度は東日本、全国体重別65kg未満級優勝。今年度は階級を一つ上げて臨んだ東日本体重別でも優勝と着実に実力をつけてきている選手である。相撲に対する真摯な姿勢には常々感心しており、来年は是非前人未到の3階級制覇を目指していただきたい。

次に85kg未満級渡邉晋太郎(1年)。この選手は、柏日体(現、日本体育大学柏)出身の選手で、高校時代はそれほど目立つ成績を残していない選手である。持ち前の運動神経には目を見張るものがあるが、強引な技で自滅することが多かった。しかし、大学入学以来厳しい稽古で着実に実力をつけてきて見事大輪の花を咲かせた。付属校出身者として初の全国大会での個人優勝者ということで、まさしく松浪理事長の提唱する「ワンファミリー」の成果があらわれた瞬間であった。

次に135㎏未満級西澤元康(3年)。この階級は出場選手が最も多い階級で、各大学のレギュラー級の選手も多く出場している階級である。西澤はこれまで全国大会で入賞の経験はあったが、初めてのタイトル獲得であった。初めての個人優勝、立派なものである。この成績をステップとして、ますますの活躍を期待したい選手である。

最後に、無差別級三輪隼斗(4年)。この階級にエントリーする中では軽量の三輪であり決勝戦の相手トゥルボルド選手(日本大学4年)とは、身長で14cm、体重で50kgの体格差であった。しかし、持ち前のスピードと技術で相手にまわしを触らせず、一方的な相撲内容で相手を破った。各大学の強豪がエントリーする無差別級で東日本体重別に続き全国体重別でも優勝、立派なものである。今後もより高みをめざし精進していただきたい。

この大会では立派な成績を残すことが出来た。しかし、この大会は11月5日、6日に両国国技館で開催される全国学生相撲選手権大会への単なる通過点でしかない。全国学生相撲選手権大会で敗れてしまっては何にもならない。この成績に慢心することなく、今後もより一層厳しい稽古に精進していく。

なお、試合の動画は日体大相撲部ブログでご覧いただけます。
http://blog.livedoor.jp/nittaidaisumo/

160926_1.JPG

各階級優勝者

160926_2.JPG

日体大入賞者

160926_3.JPG

無差別級決勝戦 三輪選手(4年)

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧