学友会クラブ・サークル活動

堀畑金メダル、松本銀メダル獲得!アジア競技大会

2010.11.15/スポーツ局

11月12日に中国・広州で開幕した、第16回アジア競技大会。
 競泳初日(11月13日)、男子400m個人メドレーに出場した堀畑裕也(体育学科2年)は、中国の選手と激しいデットヒートの末、4分13秒35のタイムで、競泳では日本人第1号の金メダルを獲得した。
 また2日目(11月14日)、女子4×100mリレーに第2泳者として出場した松本弥生(体育学科3年)は、3分37秒90の日本新記録を樹立し、銀メダルを獲得した。

【藤森善弘コーチ(スポーツ専門職)のコメント】
 堀畑は精神力の強い非常にタフな選手で、練習も勉強もまじめに取り組む優秀な選手です。特に競り合った時には「必ず勝つ!」といった勝負強さを持っています。大会前に平泳ぎの感覚に不安を持っていたようで、出発当日までテクニックに関する練習の取り組みについて相談を受けていました。しかし、レース当日には持ち前の感性で不安を一掃し、見事金メダルを獲得してくれました。
 一方、松本は日体大に入学してからメキメキと力をつけた、遅咲きの選手です。高校時代はナショナルチームにも入れなかった選手ですが、大学入学後にはインターナショナル選手として、日本新記録を樹立するほどの日本のホープ的存在に成長しました。地道に努力をした松本がメダルを獲得したことは大変嬉しいです。
 2人とも来年の世界選手権や再来年のロンドンオリンピックでの活躍が十分期待できる日本の代表選手なので、これからも世界のトップでの活躍を期待しています。

金メダルを獲得した堀畑裕也
金メダルを獲得した堀畑裕也
銀メダルを獲得した松本弥生
銀メダルを獲得した松本弥生
ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧