オリンピックスポーツ文化研究所
Home >オリンピックスポーツ文化研究:投稿規定・執筆要領

オリンピックスポーツ文化研究

論文一覧
投稿規定・執筆要領
発刊の辞

(平成28年1月12日制定)

(平成29年4月1日改正)

(令和2年4月1日改正)

  1. 「オリンピックスポーツ文化研究所」(英文名:Cultural Research of the Olympics)は日本体育大学オリンピックスポーツ文化研究所が原則として年1号発行する学術誌である。
  2. 本誌への投稿資格者については、特に規定を設けない。本学所属の教職員、院生に限らず自由に投稿することができる。
  3. 投稿できる論文の種別は、原著論文、研究ノートとする。ただし、これらに該当しないものについては適宜新たな種別を設定することで投稿を可とする。またオリンピックスポーツ文化研究所の研究プロジェクトの年次報告として研究プロジェクト報告を毎年掲載する。

    なお『オリンピックスポーツ文化研究』における「原著論文」「研究ノート」は以下の考えに基づく。
    「原著論文」
     科学論文としての内容と体裁を整えているもので2名の審査員による査読を要する。その内容は①新たな科学的な知見をもたらすものである、②研究として完結しているものでなければならない。論文の構成や見出しはそれぞれの研究領域に応じて適切なものを用いる。
    「研究ノート」
     査読を要しない。そのことにより科学論文としての内容と体裁にこだわることなく新たな知見や資料、方法論の利用と公表を挑戦的にすることができる原稿種別である。ただし、科学論文としての内容と体裁にこだわらないからこそ、科学への自覚は必要不可欠である。
  4. 投稿原稿は、他の学術雑誌等に未発表のものでオリンピックをはじめとしたスポーツ文化に関する研究に限る。
  5. 論文の内容に関する責任は当該論文の著者が負う。
  6. 論文投稿の種別を問わずMicrosoft Wordで作成されたものに限る。
  7. 原稿の分量は、原著論文は30,000字以内、研究ノートは16,000字以内、研究プロジェクト報告は8,000字以内とする。
  8. 原著論文には600語以内の欧文抄録および和文沙録を記載すること。また5つ以内の欧文キーワードおよび和文キーワードを記載する。
  9. 投稿原稿は日本語・英語・フランス語のいずれかで書かれたものとする。
  10. 投稿原稿の1枚目には「論文タイトル」「著者名」「所属」「キーワード」を記載する。また原著論文の場合は2枚目に欧文抄録および和文抄録を記載する。
  11. 注記は文末に記載し、本文のその箇所の右肩上に、1),2)のように掲出順に番号を記す。
  12. 本文・引用・注などの書式は各専門分野の慣行に従うこととし、特に規定しない。ただし書式が編集委員会において一般的でないと判断された場合には修正を求めることがある。
  13. 図表・写真には、掲出順にそれぞれ一連番号とキャプションを付ける。
  14. 投稿に際し、図表・写真は本文の中に挿し込むこと。掲載可となった場合は図表・写真のデータの提出を求める。
  15. 著者名および共著者名とそれぞれの所属機関名については日本語と英語もしくはフランス語にて記載する。なお本学所属の教員については「学部/系」を、本学院生については「○○研究科修士課程or博士後期課程○○系」を記入する。
  16. 投稿原稿のうち、原著論文の掲載の可否は編集委員会による査読を経て、編集委員会が受理を決定する。研究ノートについては、査読は行わない。
  17. 査読によって再審査となった場合、修正期間は原則1週間とする。
  18. 公平な審査を期するために、謝辞および付記などは原稿の「受理」後に書き加えることとし、登校時の原稿には入れない。
  19. 掲載が承認された論文の電子ジャーナルは日体大リポジトリに掲載される。
  20. 著者には本誌1部と別刷30部を贈呈する。30部を超えて必要とするときは、超過分の費用は著者の実費負担とする。
  21. 投稿原稿は電子データとして、下記の所在に送信する。   
    オリンピックスポーツ文化研究所 olyken@nittai.ac.jp 
このページの上部へ

サイトポリシー個人情報保護ポリシー

Logo copyright Nippon Sport Science University, All rights reserved.