学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部

体育学部が定める3つの方針

2017年以前に入学した方はコチラ

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

体育学部では、本学の「教育目標」に沿った人材を育成するため、独自の教育プログラムを展開する。この課程における、卒業認定と学位授与【学士(体育学)】の要件は、以下の通りである。

  1. 所定の期間在学し、本学の社会的使命(ミッション)及び目標(ビジョン)に則って設定された授業科目を履修することにより、所定の単位を修得している。
  2. 体育スポーツ学に関する諸科目の多面的な履修を通じて、広く教養を培うとともに、体育・身体活動・スポーツの実践を通じて、体力の向上、健康の保持増進、心身の調和のとれた発達、競技力向上、国際平和の実現に貢献できる専門的知識と技能とを体得している。
  3. 体育学部における共通教育及び各学科・学修領域に設定する体系的学修とを通じ、現代社会が抱える体育スポーツ学の諸問題について、課題探求力や問題解決力、さらには、それらを実践現場において有効に還元するためのコミュニケーション力、実践力を備えている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

体育学部は、「卒業認定・学位授与の方針」に掲げる知識及び能力を修得させるために、その基礎となる体育学部共通科目及び各学科・学修領域における実践的科目を編成し、講義・演習・実習等を適切に展開する。

体育学科

  1. 体育学科では、「スポーツ教育」及び「競技スポーツ」に関する学修領域を設け、当該分野におけるより高度な知識と技術とが体得できるよう、関連科目を配する。
  2. 青少年の健全な心と身体とを育む力やスポーツの競技力向上に資する力を修得すべく、関連の実践的技術・理論科目を配する。
  3. スポーツ医科学、コンディション管理、スポーツ傷害に関する科目についても設けることとし、ひとりひとりの技術・体力レベル等に応じた適切なスポーツ指導が展開できるよう、実践現場での実習等を重視する。

健康学科

  1. 健康学科では、「ヘルスプロモーション」及び「ソーシャルサポート」に関する学修領域を設け、当該分野におけるより高度な知識と技術とが体得できるよう、関連科目を配する。
  2. 心身ともに健やかで豊かな福祉社会の実現に貢献できるよう、健康科学・スポーツ医科学に関する実践的技術・理論科目を配する。
  3. 身体活動によって生じる外傷・障害の対応、安全の確保に必要な実践的技術を修得できるよう、実践現場での実習等を重視する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

体育学部は、その「卒業認定・学位授与の方針」及び「教育課程編成・実施の方針」に沿って、入学試験を実施する。

求める人材像

  1. 国語、英語等で学んだことを基盤とした言語能力及びコミュニケーション能力を有している。
  2. 地理歴史、公民等を通じた地球規模で現代社会を読み解く力を有している。
  3. 数学、理科等で学んだ思考力に基づき、体育・身体活動・スポーツを客観的に分析する力を有している。
  4. 保健体育、芸術等で研いた感性と創造力から、人間の心身の可能性(スポーツ・芸術・文化)について探究する力を有している。
  5. 種々の課外活動を通じて身につけたチームワークや実践力を有している。

     

入学者選抜の種類

入学者選抜にあたっては、上掲の高等学校等において修得すべき、知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、などを備えているか否かを評価するため、「総合型選抜」(AO入試)、「学校推薦型選抜」(推薦入試)、「一般選抜」(一般入試:含大学入試センター試験)、「特別選抜型」(帰国生・IB資格・英語外部資格・外国人留学生・リカレント・飛び入学入試)、など多様な選抜区分を設ける。

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求