学友会クラブ・サークル活動
  1. 入試情報
  2. 学費

奨学金・教育ローンのご案内

大学独自の奨学金制度

本学では、人物・学業ともに優れた者の育英、経済的理由により修学が困難な者に対する援助を目的とした奨学金制度を設けています。

奨学金制度

本学では、学業や課外活動等で目標に向けて熱心に取り組んでいる学生や、経済的困窮により修学困難な学生に対し、奨学生制度を設けています。詳細は下表のとおりです。なお、この制度は年度毎に採用されるものです。そのため、前年度に奨学生であっても、選考の結果、翌年度は奨学生でなくなる場合があります。予めご了承ください。

No. 名称 対象 免除する費用・給付額 申請時期等
1 一般奨学生 学業成績優秀者(全学部) 1年次:入学金、施設設備費
2-4年次:施設設備費、教育充実費
申請不要(学費納付時に該当者に通知)
2 メイドー・MSC・長谷川奨学金(※) 課外活動等の大学生活において目標に向けて強い志を持って取り組んでいる者(2-4年次) 一律25万円を給付 前年度後学期に申請(1-3年次に申請)
3 雄渾奨学金(※) 奨学金の貸与を受けている者でかつ経済的に困窮し修学困難な者(1-4年次) 一律20万円を給付 前学期に申請

※原資があるため、次年度以降募集があるとは限りません。

学費減免制度

No. 対象 免除する費用・給付額 申請時期等
1 同一の扶養者により扶養されている兄・姉が本学に在学する入学生(双子入学の場合はどちらか1名) 「入学金」 入学した年度の6月末まで
2 日本学生支援機構等奨学金の貸与を受けても、なお学費納入が困難で学業成績が平均水準以上の者(2-4年次)<採用枠あり> 後学期「施設整備費」「教育充実費」(単年度採用) 7月上旬
3 1年以内に家計に急変があり日本学生支援機構等奨学金を併用してもなお学費納入が困難な者 該当学期「施設整備費」「教育充実費」(単年度採用) 随時応相談
4 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計急変が発生し学費の納入が困難となった者
詳細はn-pass※に募集要項を配信しています。
令和2年度後学期授業料の2分の1に相当する額 随時応相談


国による「高等教育の修学支援新制度」(https://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm)

日本体育大学は「高等教育の修学支援新制度(授業料等減免・給付型奨学金)」の対象校に認定されています。本制度は2020年4月からスタートし、一定の学業基準、家計基準を満たせば、授業料等の減免や日本学生支援機構の給付奨学金が受けられる制度です。
本学においては、対象者の審査は日本学生支援機構「給付奨学金」にて実施しております。給付奨学金を希望されない場合も日本学生支援機構への申請手続きを行っていただきます。

入学希望者の入学手続き時の取り扱い

https://www.nittai.ac.jp/exam/com/syugaku.html

在学生(入学後の申請者も含む)

  1. 本制度の申請手続きは全て学生本人に行っていただく必要があります。新規申込みは、日本学生支援機構「給付奨学金」定期採用(4月)・二次採用(9月)にて申請手続きを行ってください。
  2. 採用決定者は、日本学生支援機構からの指示に従い「給付奨学金」に関する必要手続き行ってください。適格認定・在籍報告等、年に数回ほど必要手続きが発生いたします。入学金・授業料等の減免については、一度、通常通り納入をしていただき、日本学生支援機構「給付奨学金」に関する手続きが完了していることが確認でき、授業料等減免に関する手続きが完了しましたら返金とさせていただきます。
  3. 適格認定
    日本学生支援機構「給付奨学金」では年に2回、適格認定が行われます。10月適格認定は家計基準による区分見直し(区分変更または休・停止)、3月適格認定は単位修得状況や出席率による継続または廃止の審査が行われます。採用された区分が在学中にずっと適用されるとは限りませんので、ご注意ください。なお、10月適格認定による区分見直しに関しては日本学生支援機構がマイナンバー等により取得した情報で審査をしておりますので、大学ではお答えができません。

外部団体等の奨学金制度

日本学生支援機構(給付型・貸与型奨学金)

国の育英奨学事業の奨学金制度で、本学でも多くの学生が利用しています。「給付」奨学金と「貸与」第一種奨学金(無利子)、「貸与」第二種奨学金(有利子)があります。いずれも給付・貸与者は学生本人となり、貸与については卒業後返還義務があります。
なお、「予約採用」という制度があり、大学入学前に在籍している高等学校等に申請を行うこともできます。詳しくは日本学生支援機構HPをご確認ください。

申込資格

経済的理由により修学に困難で優れた学生等であると認められる人

申込基準

申込む奨学金によって異なります。説明会で配布する冊子または日本学生支援機構HPにてご確認ください。

【スケジュール(2021年度学部予定)】

申込みをするには説明会に参加することを必須としています。
※2020年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により説明会は未実施。次年度以降の開催方法や時期は未定です。

  対象者 説明会開催時期 採用可否
(入金開始時期)
予約採用 入学前年度に高等学校等で申込みをし、「採用候補者決定通知」をお持ちの1年生 4月初旬 (学内掲示および、n-pass※、新入生オリエンテーションで告知) 5月中旬または6月上旬
定期採用 正規課程に在籍している学生(留学生・休学中の学生を除く) 3月下旬および4月初旬(学内掲示および、n-pass※で告知) 6月上旬または7月上旬
家計急変採用 3ヶ月以内に家計が急変した正規課程に在籍している学生(留学生・休学中の学生を除く) 随時:学生支援センター窓口にて対応 申込み翌月または翌々月上旬
※2020年度は4~6ヶ月程度かかるケースが発生しています。
緊急応用採用 1年以内に家計が急変した正規課程に在籍している学生(留年生・休学中の学生を除く) 随時:学生支援センター窓口にて対応 申込み翌月または翌々月上旬
二次採用 正規課程に在籍している学生(留年生・休学中の学生を除く) 9月下旬から 11月上旬または12月上旬

注意

大学院については、スケジュールが異なる場合があります。詳しくは学生支援センターまでお問い合わせください。

地方公共団体(都道府県等)等

大学に対して案内が来るものと、各団体HP等に掲載されるものがあります。特に地方公共団体につきましては、保護者の居住している地域の各自治体、教育委員会等にお問い合わせください。大学に対して案内が来たものについては、随時、掲示またはn-pass※のお知らせに掲載しています。
※n-pass:在学生向けシステム

奨学金に関するお問い合わせ

日本体育大学 学生支援センター
TEL:03-5706-0904(全般)、TEL:03-5706-0969(日本学生支援機構奨学金専用)

教育ローンのご案内

入学手続の際に、必要に応じて下記の教育ローンをご利用できます。
詳細については、下記をご確認いただき、各問い合わせ先へご連絡の上、手続きをお願いいたします。

 日本政策金融公庫(国の教育ローン)

教育資金を必要とされる皆様へ、国の施策の一環として設けられた融資制度です。日本政策金融公庫窓口や銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協の窓口でも取り扱っており、申込者が直接契約するものです。

名 称:「国の教育ローン」
取扱先:株式会社日本政策金融公庫
問合せ先
・「国の教育ローン」コールセンター (営業時間 月~金9:00~21:00、土9:00~17:00)
 Tel 0570-008656
 URL https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

提携学費ローン

日本体育大学が提携する企業を通し、一般より有利な条件で学費を融資してもらう制度です。提携企業による申請資格や審査、融資年利率が設定されるものです。
 

提携先:株式会社オリエントコーポレーション

名 称:「日本体育大学学費ローン」
問合せ先
・株式会社オリエントコーポレーション学費サポートデスク(営業時間9:30~17:30 土日を除く)
 Tel 0120-517-325

【詳細リンク】新入生 https://www.orico.tv/gakuhi_nittai/
       在学生 http://www.orico.tv/gakuhi/?module=search&clientid=14837678

提携先:楽天銀行株式会社

名 称:「日本体育大学 提携型楽天銀行教育ローン」
問合せ先
・楽天銀行カードセンター 教育ローン専用ダイヤル(営業時間:平日9:00~20:30、土日祝日10:00~17:30)
 Tel 0120-61-6910

【詳細リンク】https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/education/

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求