学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部

保健医療学部が定める3つの方針

2017年度以前に入学した方はコチラ

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

保健医療学部は、本学の「教育目標」に沿った人材を育成するため、独自の教育プログラムを展開する。この課程における、卒業認定と学位授与の要件は、以下の通りである。

整復医療学科

整復医療学科では、豊かな人間性と倫理観に満ち、国際的視野を備え、スポーツとスポーツを通じた人々の健康に医療の立場から貢献する人材を育成することが社会から期待されている。このような人材を育成するため、所定の期間在学し、所定の133単位を修得した者に卒業を認定、学位【学士(整復医療学)】を授与する。
具体的な知識・技能及び応用力等は、次の通りである。

資質・能力

1.知識・理解

  • 我が国の伝統医療である柔道整復術に関する知識と技術を有し、適切に実践できる。
  • 基礎医学と臨床医学に関する高度の知識を有し、科学的思考を身につけている。
  • スポーツに関する幅広い知識を有し、スポーツによる身体への影響を理解できる。

2.分野固有の能力

  • 柔道整復師の業務を理解し、柔道整復術の適応と禁忌を判断して施術の客観的評価ができる。
  • 運動器外傷に対し、適切な応急手当から社会・競技復帰までの治療ができる。
  • スポーツ選手の外傷・障害に応じた適切な指導と管理ができる。

3.汎用的能力

  • 医療人として高い倫理観に基づき、主体的な判断ができる。
  • 優れたコミュニケーション能力や協調性を有し、思いやりに満ちた行動ができる。

4.態度・姿勢

  • 柔道整復術を実践し、国民の健康維持と増進の一翼を担うという自覚を持っている。
  • スポーツとスポーツを通じた人々の健康に医療の立場から貢献するという強い意志を持っている。
  • 生涯にわたり自ら学び続ける習慣を身につけている。
  • 国際交流の重要性を理解し、柔道整復師としてスポーツに関わりグローバルに活躍する国際性を身につけている。

救急医療学科

救急医療学科では、所定の期間在学し、次のような知識・能力等を身につけ、所定の単位を修得した者に卒業を認定するとともに、学位【学士(救急医療学)】を授与する。

  1. 救急・災害医療に関する医学的・法的知識を有し、医療人として必要な倫理観を備えている。
  2. 臨床現場において、科学的根拠に基づいて思考し、必要な医療技術が実践できる。
  3. 現代社会におけるグローバル化に対応できる多様性を備え、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を有している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保健医療学部は、「卒業認定・学位授与の方針」に則って、次の通り、「教育課程編成・実施の方針」を定める。

整復医療学科

整復医療学科では、ディプロマポリシーに掲げる目標を達成するために、「学部共通科目」と「専門教育科目」を体系的に編成し、講義・演習・実習等を適切に組み合わせて授業を展開する。教育課程については、コースツリーにより体系的に明示する。
教育内容、教育方法、学習成果の評価、について以下の通りとする。

1.教育内容

学部共通科目については、「言語コミュニケーション科目」「教養科目」「総合科目」「数理・情報系」「生物学系」「体育学系」の6つの科目群に区分する。専門教育科目については、「スポーツ科学」「人間の構造と機能」「疾病と傷害」「柔道整復術の適応」「柔道整復の理念と保健医療福祉」「社会保障制度」「基礎柔道整復学」「臨床柔道整復学」「柔道整復実技」「臨床実習」「総合」の11の科目群に区分する。

2.教育方法

  • 講義
    知識のインプット、アウトプットを繰り返して知識の定着と理解を深める。また、適宜グループディスカッションを行い、人の意見や解釈に多様性があることを理解する。
  • 実習
    参加型実習を重視している。倫理観、協調性、自己の役割と責任を認識し、主体的に考え、行動できるよう促す。さらに,プレゼンテーションの場を適宜設定し、知識の整理と人に伝える力の養成を重視する。
  • 演習
    知識の定着と技術の正確性を高めるため、反復して学習することを重視する。
  • eラーニング
    予習・復習を可能にし、学生個々人の主体的で活発な勉学意欲の促進を図る。
  • 課外活動
    特別解剖見学実習やインターンシップを学科独自で制度化して実施し、低学年で学んだ内容の復習の機会や将来像の創造のための自発的行動を促進する。
  • 柔道整復師国家試験対策
    柔道整復師国家試験対策プロジェクトを立ち上げ、1年次から習熟度確認のための模擬試験を実施し、4年次においては課外活動として対策授業を実施する。さらに、モバイルラーニングにより、いつでもどこでも学べる環境を提供する。

3.学習成果の評価

成績評価は、各科目の「授業科目のねらい・到達目標」に対する到達度を目安として採点する。成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに掲げた身につく能力(コミュニケーション能力、問題解決力、組織的行動能力、自己実現力、知識獲得力、実技能力、英会話能力)に応じて、筆記試験、プレゼンテーション、レポート、参加態度など適切な評価を組み合わせ、その配点比率を予め明示する。また、成績評価の客観性を維持するため、成績評価の終了後に試験問題やレポート課題の出題意図・講評などを学生へ告知し、成績分布を公表する。

救急医療学科

  1. 大規模災害に対応できる人材を育成するために、災害ボランティアや防災訓練に参加する等現場経験を重視した演習や実習科目を配する。
  2. 海外で活躍できる人材を育成するため、国際的な救急システムに関する科目を配する。
  3. 医療人として必要な倫理観を身に着けるために、早期の臨床現場見学、病院内実習、救急車同乗実習等、救急医療の現場(実践)を意識した科目を重視する。
  4. 専門知識と医療技術を実践する能力を修得するための救急医学総論及び各論、シミュレーション実習等については、特にOSCE(Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験)の評価を重視する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

保健医療学部では、その「卒業認定・学位授与の方針」及び「教育課程編成・実施の方針」に沿って、入学試験を実施する。

求める人材像

  1. 国語、英語等で学んだことを基盤とした言語能力及びコミュニケーション能力を有している。
  2. 地理歴史、公民等を通じた地球規模で現代社会を読み解く力を有している。
  3. 数学、理科等で学んだ思考力に基づき、体育・身体活動・スポーツを客観的に分析する力を有している。
  4. 保健体育、芸術等で研いた感性と創造力から、人間の心身の可能性(スポーツ・芸術・文化)について探究する力を有している。
  5. 種々の課外活動を通じて身につけたチームワークや実践力を有している。

入学者選抜の種類

入学者選抜にあたっては、上掲の高等学校等において修得すべき、知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、などを備えているか否かを評価するため、「総合型選抜」(AO入試)、「学校推薦型選抜」(推薦入試)、「一般選抜」(一般入試:含大学入試センター試験)、「特別選抜型」(帰国生・リカレント・IB資格・英語外部資格入試)、など多様な選抜区分を設ける。

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求