学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学院
  2. 保健医療学研究科

保健医療学研究科保健医療学専攻が定める3つの方針

本専攻は、本学の理念と教育目標に基づき、コーチング学に関する高度の学術研究により、その深奥をきわめ、学術の応用に貢献して体育及びスポーツ指導に関する研究を推進するとともに、最新のコーチング実践の検証を行うことのできる高度な研究能力と新しいコーチング学の研究開発を担うことのできる人材の育成を目標とし、コーチング学の進展と体育・スポーツの面から世界平和に貢献することを使命としている。その実現のために次のとおり方針を定める。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本研究科は、柔道整復学や救急・災害医療学における専門知識・技能・問題解決能力を有し、かつスポーツ救急に関する指導能力を備えた人材の育成を目指す。そこで、共通科目や専門科目を履修するにあたり、次のような資質を備えた入学者を求める。

  1. 医療人としての倫理観を持ち、社会に還元する研究に取り組む意欲と能力を持つ者
  2. 専門分野に関する基本的な知識・技能・問題解決能力を有し、EBM の重要性を認識している者
  3. 将来、スポーツ救急に関する指導者として活躍していく意欲と能力を持つ者
ページのトップへ

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

幅広く深い学識の涵養を図り、スポーツ救急に関する指導能力、教育研究者としての卓越した能力を培うために、本研究科は以下の方針で理論的知識を基礎とし、「新時代の大学院教育」に記載されている課程制大学院制度に沿った教育目標を設定し、臨床現場や教育研究において実践・応用する能力が身に付く体系的なカリキュラムを編成する。

  1. 高度専門職業人として習得すべき知識と基礎医学に立脚した問題解決能力を養成するために必要な科目を共通科目として配置する。
  2. スポーツ救急に関する実践力及び指導力を養成する科目を必須科目として配置する。
  3. スポーツ救急に関する指導者、教育研究者として、医学の進歩に適応し最新の医科学的知識と技術の修得に向けた専門科目を配置する。
  4. 研究課題に対して科学的根拠に基づき検証する研究手法および発表能力を修得し、論文を作成・発表する能力を養成するための特別研究を配置する。
  5. 医療人、研究者および教育者としての高い倫理観の醸成は欠かせないため、共通科目、両コースの専門科目および特別研究の科目の中で医療人としての倫理、研究者としての倫理、教育者としての倫理に関する講義を実施する。
ページのトップへ

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本研究科では、本学の教育理念に基づき、総合的な医療人としての高い倫理観と高度な専門知識・技能・問題解決能力を有し、スポーツ救急に関する指導者や教育研究者となる人材の育成を目的としている。以下の要件を満たす者に学位を授与する。

  1. 最新の医学や社会情勢を常に学ぶ姿勢を有し、研究課題に取り組むことができる。
  2. 柔道整復学や救急・災害医療学における専門知識・技能・問題解決能力を有し、科学的根拠に基づく医療を実践できる。
  3. 臨床現場における技術指導や研究手法を指導できる。
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求