学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学院

保健医療学研究科 博士課程

保健医療に対する社会からのニーズに対応できる高い専門知識と優れた技術、豊かな人間性と高い倫理観を備えた人材を育成する

写真:横田 裕行
保健医療学研究科長
横田 裕行
 2020年4月1日付で大学院保健医療学研究科長を拝命した横田裕行です。この度、前任の日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野、同附属病院高度救命救急センターから異動してまいりました。ご挨拶を兼ねまして保健医療学を学ぶ上での大学院の必要性と特徴をお話ししたいと思います。
 本学の建学の精神である"體育富強之基(たいいくふきょうのもとい)"の意味するところは、心身ともに健康で全ての人々の願いである心身の健康を育み、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献するために、健康を維持するための知識・技術・倫理を探求と実践をする姿勢です。
 超高齢社会となった本邦において医療に対する社会からの要望は複雑化、多様化しています。特に、需要が増加の一途をたどる救急医療においてはその傾向は著しいものがあります。大学院保健医療学研究科ではこれらの問題を豊かな人間性と高い倫理観を背景に、幅広い知識と高度な技術を有する人材、研究者を養成したいと思っています。また近年様々な分野に導入が急速に進んでいるAI技術を取り入れ、先進的な研究を展開して参ります。
 保健医療学の研究対象は人間であることから、医療倫理の4原則(自律、正義、無危害、善行)に則って、大学院生としての基本的な知識と技術を身に着けて頂きます。これらを背景に研究者として、指導者としての資質を涵養するための場を提供します。
 従来の修士課程に加えて、この度博士課程の認可を受け、より専門的で高度な研究活動を行う土台が構築されました。指導する教員は保健医療分野に関する極めて広い知識と技術を有し、文部科学省や厚生労働省をはじめ、様々な競争的資金を獲得している国際的にも評価されている本邦でも屈指の研究者です。本大学院生は将来の保健医療、病院前救急医療を牽引していく人材になるべく教育体制を提供していきます。
 社会が国際化し、保健医療の分野でも国際的な視野が求められています。本大学院の教員は海外留学の経験や広い国際性を備え、大学院生にも国際交流を促し、その支援を積極的に行います。
 本大学院はこのような社会のニーズと信頼に応えるべく、質の高い研究者および指導者を育成してゆきたいと考えています。

運動器柔道整復学専攻

専攻の目的

運動器柔道整復学専攻は、柔道整復に関する高度の学術研究により、その深奥をきわめ、学術の応用に貢献して柔道整復領域の臨床研修を推進するとともに、柔道整復師の社会的役割を創造し、運動器疾患に対する柔道整復術や予防、運動器の抗老化(アンチエイジング)に取り組、健康寿命の延長を図る人材の養成を目標とし、柔道整復領域の学術的基盤の構築と人類の友好・親善に貢献することを目的とします。

カリキュラム

科目区分 授業科目の名称
専門科目
  • 運動器柔道整復学特講実習
  • 運動器柔道整復学演習
  • 運動器スポーツ医学特講
  • 運動器スポーツ医学演習
  • 柔道整復臨床研究法特講
  • 柔道整復教育学特講実習(教育実習を含む)
  • 柔道整復指導者のための教育原理特講
  • 柔道整復指導者のための教育心理特講
  • 柔道整復指導者のための教育方法と教育行政特講
  • 柔道整復指導者のための人体の構造と機能特講
  • 柔道整復指導者のための疾病と障害特講Ⅰ
  • 柔道整復指導者のための疾病と障害特講Ⅱ
  • 柔道整復の理念と保健医療福祉特講
  • 海外運動器柔道整復学実習
特別指導科目
  • 運動器柔道整復学特別演習Ⅰ
  • 運動器柔道整復学特別演習Ⅱ
  • 運動器柔道整復学特別演習Ⅲ
  • 運動器柔道整復学特別研究Ⅰ
  • 運動器柔道整復学特別研究Ⅱ
  • 運動器柔道整復学特別研究Ⅲ

救急災害医療学専攻

専攻の目的

救急災害医療分野における学術研究により、スポーツ救急や災害医療システム構築などの臨床・教育現場における研究を推進するとともに、アクティブラーニングの実践を通して、地域社会に還元できる人材育成を目標とし、救急災害医療学の発展と人類の友好・親善に貢献することを目的とします。

カリキュラム

科目区分 授業科目の名称
専門科目
  • 救急災害医療学特講
  • 救急災害医療学演習
  • スポーツ救急特講/li>
  • 国際救急・災害システム演習
研究指導科目
  • 救急災害医療学特別演習Ⅰ
  • 救急災害医療学特別演習Ⅱ
  • 救急災害医療学特別演習Ⅲ
  • 救急災害医療学特別研究Ⅰ
  • 救急災害医療学特別研究Ⅱ
  • 救急災害医療学特別研究Ⅲ
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求