学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部

児童スポーツ教育学部が定める3つの方針

2017年以前に入学した方はコチラ

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

児童スポーツ教育学部は、本学の「教育目標」に沿った人材を育成するため、独自の教育プログラムを展開する。この課程における、卒業認定と学位授与【学士(児童スポーツ教育学)】の要件は、以下の通りである。

児童スポーツ教育コース

  1. 体育スポーツ学及び教育学・保育学を融合させた諸科目の多面的な履修を通じて、児童スポーツ教育に関わる基礎的な知識と技能、実践的な指導力を身につけている。
  2. 現代社会における児童の発達と教育、スポーツや健康に関わる諸問題を探究し、それに対応し解決に向かうことのできる資質・能力(思考力・判断力・表現力を含む)を身につけている。
  3. 児童スポーツ教育において生じる諸問題に関心を持ち、その解決に向けて努力する意欲と多くのステークホルダーと協働できる資質を身につけている。

幼児教育保育コース

  1. 体育スポーツ学及び教育学・保育学を融合させた諸科目の多面的な履修を通じて、幼児教育保育に関わる基礎的な知識と技能、実践的な指導力を身につけている。
  2. 現代社会における幼児の発達と教育・保育、運動遊びや健康に関わる諸問題を探究し、それに対応し解決に向かうことのできる資質・能力(思考力・判断力・表現力を含む)を身につけて いる。
  3. 幼児教育保育において生じる諸問題に関心を持ち、その解決に向けて努力する意欲と多くのステークホルダーと協働できる資質を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

児童スポーツ教育学部は、「卒業認定・学位授与の方針」に則って、次の通り、「教育課程編成・実施の方針」を定める。

児童スポーツ教育学部共通

  1. 全学共通の「総合科目」と学部共通の「言語コミュニケーション科目」、「教養科目」を基盤とするとともに、1年次から4年次までを貫く演習科目を基軸として、児童スポーツ教育学部の教育 課程を構成する。
  2. 「体育スポーツ学」、「教育学・保育学」、「その複合領域」からなる児童スポーツ教育学科の基幹科目を設けるとともに、本学の特色である「スポーツ実技」科目を設ける。

児童スポーツ教育コース

  1. 小学校(幼稚園)の教員に求められる全教科の指導や学級指導、学校行事やクラブ活動の指導等を適切に行えるための基礎となる科目や応用・発展的科目、教育現場の実際に関わる多 様な科目を設ける。
  2. 児童の体育スポーツや健康に関連する指導・支援において優れたリーダーシップを発揮できるための能力と資質を育成するための基礎となる科目や応用・発展的科目を設ける。
  3. 学校と地域とを結んで児童のスポーツ活動の指導で求められる知識と技能、実践的指導力が体得できる独自のプログラムを設ける。

幼児教育保育コース

  1. 幼稚園の教員・保育士に求められる全領域の指導やクラスの指導、行事の指導等を適切に行えるための基礎となる科目や応用・発展的科目、教育・保育現場の実際に関わる多様な科目を設ける。
  2. 保育者に求められる総合的な指導・援助、保育内容の領域と指導、教育・保育現場の実際に関わる多様な科目とともに、4年間を通して教育・保育現場での実習科目を配置し,現場との往還を重ねながら理論や知識と実践を結びつけられるプログラムを設ける。
  3. 教育・保育現場や地域において、幼児の運動遊びや健康の指導で求められる知識と技能、実践的指導力が体得できる独自のプログラムを設ける。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

児童スポーツ教育学部は、その「卒業認定・学位授与の方針」及び「教育課程編成・実施の方針」に沿って、入学試験を実施する。

求める人材像

  1. 国語、英語等で学んだことを基盤とした言語能力及びコミュニケーション能力を有している。
  2. 地理歴史、公民等を通じた地球規模で現代社会を読み解く力を有している。
  3. 数学、理科等で学んだ思考力に基づき、体育・身体活動・スポーツを客観的に分析する力を有している。
  4. 保健体育、芸術等で研いた感性と創造力から、人間の心身の可能性(スポーツ・芸術・文化)について探究する力を有している。
  5. 種々の課外活動を通じて身につけたチームワークや実践力を有している。

入学者選抜の種類

入学者選抜にあたっては、上掲の高等学校等において修得すべき、知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、などを備えているか否かを評価するため、「総合型選抜」(AO入試)、「学校推薦型選抜」(推薦入試)、「一般選抜」(一般入試:含大学入試センター試験)、「特別選抜型」(帰国生・リカレント・IB資格・英語外部資格入試)、など多様な選抜区分を設ける。

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求