学友会クラブ・サークル活動

平成30年度一般入試前期における問題訂正等に関する対応について

平成30年2月1・2日(木・金)に実施した「平成30年度日本体育大学一般入試前期」の試験問題において、下記の問題訂正等があることが判明しました。
受験生をはじめ、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことに対して、お詫びしてご報告申し上げます。

①全学統一日程(2月1日:木)「国語」受験者2,151名

【出題ミスの内容】
国語の大問題Ⅰの問十四で、長文中の空欄に対して5つの選択肢の中から最も適当なものを1つ選択する問題(配点4点)です。
該当部分『何が「正義」かということを決定する空欄Eな動的プロセスが存在するのであって、』に対する選択肢の全てが「○○○な」としており、長文中の空欄Eに続く「な」が余剰記載でありました。

【対応】
試験時間中の問題訂正でありましたが、全試験場の受験生に告知が完了するまでに時間を要し、一部の試験場において告知後に十分な解答時間が確保できなかったと判断したため、当該問題に関して、受験した2,151名全員を正解とする措置をとりました。

②学部個別日程A日程(2月2日:金)「国語」受験者1,189名

【出題ミスの内容】
国語の大問題Ⅰの問五で、長文中の傍線を付したカタカナ表記を漢字表記に変換し、一部の漢字と同じ漢字を含むものを5つの選択肢の中から1つ選択する問題(配点2点)です。
該当部分『二分法のなかで書物が分断されかけている⑤サクゴを離れて、』に対する選択肢のうち、選択肢「2 サクリヤクを巡らす」と表記しておりましたが、正しい表記は「サクリャクを巡らす」でありました。

【対応】
問に対する選択肢に誤りがあり正しい解答を導きだすことに影響があると判断したため、当該問題に関して、受験した1,189名全員を正解とする措置をとりました。
また、試験時間中に判明したミスでありましたが、試験時間終了までに全試験場の受験生に告知が完了できないと判断したため、当日の受験生への連絡は行いませんでした。

③学部個別日程A日程(2月2日:金)「国語」受験者1,189名

【問題訂正の内容】
国語の大問題Ⅰの長文中のフリガナ表記に誤りがありました。該当部分『マトリクスという一つのことばが、物質と生命と書物の世界を、こんなふうに結んでいることの不思議に私はつねにたちもどる。』の例として長文中に5カ所表記された漢字表記のフリガナに誤植がありました。

≪訂正部分≫
(誤)[マトリスク] / <基質マトリスク><親木マトリスク><子宮マトリスク><母型マトリスク><紙型マトリスク
(正)「マトリクス」 / <基質マトリクス><親木マトリクス><子宮マトリクス><母型マトリクス><紙型マトリクス

【対応】
当該訂正は、解答を導きだすことに影響するものではないと判断したため、特段の措置は行わないこととしました。
また、試験時間中に判明した訂正でありましたが、試験時間終了までに全試験場の受験生に告知が完了できないと判断したため、当日の受験生への連絡は行いませんでした。

 

受験生をはじめ、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことに対して、重ねてお詫び申し上げます。

本件に関する問い合わせ先

アドミッションセンター
電話: 045-963-7955

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧