学友会クラブ・サークル活動
  1. 入試情報
  2. 大学院入試情報

アドミッションポリシー

体育科学研究科体育科学専攻

本専攻の使命および本課程の目的を達成するために次の人材を求める。

博士前期課程(修士)

体育科学コース

  1. スポーツや武道、あるいはそれに関連する諸概念について、歴史・哲学・教育学をはじめとするあらゆる分野の方法で探究し、スポーツ文化の発展に寄与していく意欲と能力を持つ者

  2. スポーツ・健康・体育における原理・方法・運動プログラムに関する高度の知識を得るとともに学術研究を推進し、その成果を競技力向上に応用していく意欲と能力を持つ者
  3. 健康科学とスポーツ医科学の基礎・臨床両面から高度の知識を得るとともに学術研究を推進し、その成果を健康の維持・向上および疾病予防に応用していく意欲と能力を持つ者

体育実践学コース

  1. 豊かな教養と専門科学的知識、実践的能力を備え、高度化した競技スポーツ指導現場において、高度専門職業人(スーパーコーチャー)として活躍していく意欲と能力を持つ者
  2. 学校現場を熟知し、様々な健康問題や教育問題について専門的な知識と実践的能力を身につけ、高度専門職業人(スーパーティーチャー)として活躍していく意欲と能力を持つ者

博士後期課程(博士)

  1. スポーツや武道がもたらす国民の健康と生活の充実、あるいは国内外におけるスポーツ文化の役割などについて学術研究を自ら推進し、その分野の専門家としてさらに当該分野の普及と発展に寄与していく意欲と能力を持つ者
  2. スポーツ・健康・体育における原理・方法・運動プログラムに関する高度の学術研究を自ら推進し、その分野の専門家として国内外における競技力向上に寄与する意欲と能力を持つ者
  3. 健康科学とスポーツ医科学の基礎・臨床両面の専門家として高度な学術研究を自ら推進し、その分野の専門家として国内外における健康維持・向上および疾病予防を推進していく意欲と能力を持つ者
ページのトップへ

体育科学研究科コーチング学専攻

本専攻の使命および本課程の目的を達成するために次の人材を求める。

博士前期課程(修士)

  1. 体育・スポーツに強い関心を有し、体育・スポーツ分野の指導者・研究者を目指す者で、将来国内外の体育・スポーツの分野において、積極的に体育・スポーツ指導に携わると共に、新しい時代のコーチングをリードしていく意欲と能力を持つ者。
  2. 体育・スポーツ科学に基づく指導ができるとともに、「モデル・コア・カリキュラム」等をスポーツ指導者やそれを目指す者に教授できる能力を身に着けることに意欲と基礎的資質を有する者。

博士後期課程(博士)

コーチングの研究と実践を通して、コーチング学研究を主体的に推進していく意志と資質を持ち、国内外において体育・スポーツ指導の在り方を発信できる意欲と能力を持つ者。

ページのトップへ

教育学研究科

博士前期課程(修士)

博士前期課程では、小学校教諭専修免許状の取得を目指して、各教科に「授業実践」を積極的に展開していく。また、この実践を通じて見いだされた新たな課題を解決し、絶えず授業の改善に努めようとする自立的実践研究力を育成する。
教育現場、とりわけ小学校における教科(国語、社会、算数、理科、体育)の学習指導について、その専門性を備え、あわせて実践的な研究に意欲をもって臨める人材を受入れる。
また、本研究科(博士前期課程)において、実践的指導力を更に高め、社会の急速な進展の中、教員としての探究力を有し、知識や技能の刷新のために常に「学び続ける教師」や理論的裏付けに基づく「実践的な教育力」を備えた資質の高い指導者を目指す者を求める。

博士後期課程(博士)

博士後期課程では、世界的な視野をもって各教科の教育課程を眺め返し、その理論と具体的な学習指導とを往還させ、教育課程をもとにした学習指導レベルでの実践的検証力の育成を目指す。
実践的検証力を育成するにあたって、各教科においてカリキュラムに関する理論と学習指導とを往還する分野において新しい研究領域を見いだす力とそれを解決していくための論理構成力の育成も目指す。
教育現場、とりわけ小学校における教科(国語、社会、算数、理科、体育)の学習指導について、その高い専門性を備えた人材を受入れる。
また、本研究科(博士後期課程)において、世界的視野で各教科の教育課程をもとにした指導について実践的検証力を高めるとともに、各教科の理論と学習指導において新たな研究領域を見いだそうとする意欲を有し、「実践的な教育力」及び「論理構成能力」をもつ資質の高い指導者を目指す者を求める。

保健医療学研究科

修士課程

本研究科は、柔道整復学や救急・災害医療学における専門知識・技能・問題解決能力を有し、かつスポーツ救急に関する指導能力を備えた人材の育成を目指す。そこで、共通科目や専門科目を履修するにあたり、次のような資質を備えた入学者を求める。

  1. 医療人としての倫理観を持ち、社会に還元する研究に取り組む意欲と能力を持つ者
  2. 専門分野に関する基本的な知識・技能・問題解決能力を有し、EBM の重要性を認識している者
  3. 将来、スポーツ救急に関する指導者として活躍していく意欲と能力を持つ者

博士課程

運動器柔道整復学専攻

本専攻の使命および本課程の目的を達成するために次の人材を求める。

運動器柔道整復学専攻(博士課程)は、柔道整復領域における臨床研究を実施できる人材、健康寿命の延長に貢献できる人材、施術所の社会的役割を創造し研究成果を地域に還元できる人材、発展途上国において柔道整復の特長を活かして活躍できる人材、これらの人材や教員を指導・養成できる人材の養成等、柔道整復領域における極めて高度な専門性を備えた人材の育成を目指す。養成する人材像及びディプロマ・ポリシーとの関連を踏まえ、アドミッション・ポリシーを「態度・志向性」「姿勢・思考」「知識・技能」に分けて示し、これらの資質を備えた入学者を求める。

態度・志向性
  1. 柔道整復を実践する高度専門職業人として必要な高い倫理観と豊かな人間性を備えている者
  2. 柔道整復の特性を活かして健康寿命の延長に貢献しようという強い意志のある者
  3. 将来、柔道整復の教育者、研究者、臨床現場の指導者になりたいと強く志望する者
姿勢・思考
  1. 生涯学び続ける姿勢を持ち、最新の知見・技術の獲得を怠らない者
  2. 専門性を高めることに努め、科学的根拠に基づいて柔道整復術を実践しようとする者
知識・技能
  1. 柔道整復師として基礎的な基礎医学及び臨床医学の知識を備えている者
  2. 柔道整復師として基本的な臨床実技能力を備えている者

救急災害医療学専攻

本専攻は、救急災害医療分野における極めて高度な専門性を備えた人材の育成を目指す。以下のような資質を備えた入学者を求める。

  1. 最新の医学や社会情勢を常に学ぶ姿勢を有し、自ら研究課題に取り組む意欲がある者
  2. 救急災害医療学における専門知識・技能・問題解決能力を有する者
  3. 臨床現場における技術指導者や研究手法の指導者になりたいと強く志望 すること
  4. 国際的な視点を持ち、優れたプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を有する者
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求