学友会クラブ・サークル活動

スポーツ庁委託事業「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」に採択されました

平成29年度スポーツ庁委託事業 女性アスリートの育成・支援プロジェクト
「インクルーシブアプローチによる女性アスリートの内分泌特性を考慮した体組成管理法の開発」

本事業は、女性アスリートの国際競技力の向上を図ることを目的として大学・民間等からの優れた企画を選定し、スポーツ庁委託のもと実施するものです。運動生理学研究室の須永美歌子教授が中心となってこのプロジェクトを2年間にわたり推進していきます。

この事業は、女性アスリート(健常者および障がい者)を対象として、食事摂取状況や各種ホルモンと体重・体組成変化の関連性を総合的に観察し、女性アスリートのための安全で効率的な体組成管理法を開発・普及し、国際競技力向上への貢献を目指すものです。

女性アスリートの三主徴の一つであるエネルギー不足は、急激な体重減少やオーバートレーニングによることが懸念され、選手や指導者への体重・体組成管理における正しい知識の普及、そして、インクルーシブ(包括的)なアプローチが必要であると考えられます。

※女性アスリートの三主徴・・・エネルギー不足・視床下部性無月経・骨粗鬆症が挙げられ,女性アスリート特有の健康障害とされる。

女性スポーツ現場における問題点画像

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧