学友会クラブ・サークル活動

スケート部(アイスホッケー部門・スピード部門)が学長報告を行いました

平成28年1月5日~9日栃木県日光市にて開催された第88回日本学生氷上競技選手権大会(アイスホッケー部門男子 準優勝、スピード部門 女子総合2位)、平成27年11月20日~23日岡山県ヘルスピア倉敷にて開催された第3回日本学生女子アイスホッケー大会(アイスホッケー部門 女子優勝)結果をスケート部代表学生が平成28年1月25日に学長報告を行いました。

スピード部門(女子)は総合4連覇がかかるなかでの2位という結果でしたが、アイスホッケー部門(男子)の決勝進出は40年以上強豪5大学(明大、早大、法大、東洋大、中大)がインカレ決勝を独占してきた大学アイスホッケー界では歴史的快挙であり、谷釜学長からは両部門ともに次は優勝しかないと大きな期待を寄せられていました。

なお、平成27年12月28日~30日(北海道十勝)第40回全日本スプリントスピードスケート選手権大会にて優勝したスピード部門の髙木 美帆(体育学科3年)は残念ながら海外遠征のため同席することが出来ませんでした。

<アイスホッケー部門(男子)>
平成28年1月5日~9日(栃木県日光市)第88回日本学生氷上競技選手権大会 準優勝(創部初の決勝進出)
・須藤 雅史(体育学科4年)
・牛窪 憲太(体育学科4年)
・廣川 泰地(体育学科4年)

<アイスホッケー部門(女子)>
平成27年11月20日~23日(岡山県ヘルスピア倉敷)第3回日本学生女子アイスホッケー大会 優勝(初優勝)
・長野 理沙(健康学科2年)
・星野 あかね(健康学科2年)
・金澤 舞(健康学科2年)
・石田 雄大(児童スポーツ教育学部2年)MG

<スピード部門>
平成28年1月5日~9日(栃木県日光市)第88回日本学生氷上競技選手権大会 女子総合2位、男子総合9位
・黒岩 美生(体育学科4年)

20160125_skate.jpg

前列左より牛窪憲太、廣川泰地、須藤雅史、石田雄大
後列左より石井監督、星野あかね、長野理沙、谷釜学長、金澤舞、黒岩美生、畠山コーチ、青柳部長

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧