1. ホーム > 
  2. 特別企画 日体大OB座談会
  1. 特別企画

日体大OB座談会

佐藤弘道×小林よしひさ×荒木達雄「子どもたちの心身の成長に欠かせないスポーツ。今、求められる“理想の先生”とは?」

子どもたちの「心と体」の成長に欠かせない運動やスポーツの重要性が改めて注目されています。
今回特別に、日本体育大学卒業生の佐藤弘道さん、小林よしひささん、体つくり運動のスペシャリストであり、2人が所属していた体操部部長の荒木達雄教授の3名に児童スポーツの教育分野で求められる役割について語り合って頂きました。

体操で学んだチームワークや仲間との絆。

荒木達雄(以下、荒木) 二人とも日本体育大学に入学し、体操部で活躍した後、「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんとなりましたが、体操にはいつ頃から興味を持ったのですか?

佐藤弘道(以下、佐藤) 僕は小学生の時にテレビで見たオリンピックがきっかけです。体操選手がクルクルっと宙返りをして着地をする姿を見て、「TVドラマのヒーローみたい! なんてかっこいいんだろう!」と釘付けになりました。選手の名前の後に「日本体育大学」と画面に出たのを見て、「この大学に行って、オリンピック選手になりたい!」と思ったのが始まりです。

小林よしひさ(以下、小林) 私は高校までずっと剣道をやっていたのですが、当時は体があまり大きくなかったので、勝つためには筋肉を付けたい、そのためには解剖学や骨格のことをきちんと学ぼうと思ったのが、日本体育大学に進んだ理由です。

荒木 剣道一筋だったのに、大学では体操部を選んだ理由は?

小林 いろいろな部活をのぞいてみて、ふと、小さい頃に入っていた体操クラブでの楽しい記憶がよみがえってきたんです。後から、その時の先生が体操部の先輩だったとわかり、不思議なつながりを感じました。自分の中に「日体大魂」は脈々と受け継がれていたんですね。また、私も弘道さんと同じように、体操部の先輩方がクルクルっと回る姿に憧れたというのもあります(笑)。

荒木 学生時代の思い出は?

佐藤 大学時代は、とにかく部活に明け暮れていましたね。それまでやっていたスポーツは、柔道やテニス、器械体操と個人競技ばかり。体操部に入って、組み体操やマスゲームなど団体で演技をして観客を魅了する面白さに目覚め、夢中になりました。集団体操は仲間との信頼関係がすべて。チームワークやコミュニケーションの大切さを学んだこの4年間の経験が、今の仕事にとても役立っています。

小林 私も体操部の思い出が一番記憶に残っています。「体育研究発表実演会」という催しで全国を回った時、チームの仲間たちと一つになれ、「これが日体大の神髄か」と痛烈に感じたことを覚えています。

荒木 運動やスポーツの醍醐味は、そういうところにもありますよね。体力や運動能力を向上させるだけでなく、意欲的な心やコミュニケーション能力、仲間との絆を育てるという面も体育の重要な役割です。そうしたことを子どもに教えられる指導者を育てる必要があります。

小林 確かに、体育の知識だけでは子どもたちに運動を教えることはできないと痛感しています。「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんをやらせていただいて思うのは、演技をしたり、歌を歌ったり、一見、スポーツや運動とは関係ないことが、とても大切だということ。収録現場で会う子どもたちは毎回、初めて会う子ばかり。中には、顔すら見てくれない子もいたり、知らない子どもたちの集団の中に入れず、お母さんから離れられない子もいます。そんな時には声のリズムに緩急をつけて話しかけてみたり、面白い顔を作るなど少しオーバーな表現をしてみることで、子どもたちがこちらに興味を持ってくれるきっかけが作れたりします。

佐藤 今、仕事で全国の幼稚園や小学校を回って感じるのは、子どもたちの心と体の基本は体育が作るということ。机上の勉強だけでは学べない、他者との関わりや協調性、礼儀など、体育を通して学べることはたくさんあります。そのようなことを教えられる指導者を多くの人が待ち望んでいると思います。

子どもたちの本質は変わっていない。

荒木 ここ数年、教育の現場では子どもの体力や運動能力の低下が問題視されていますが、さまざまな子どもと触れ合う機会の多い二人はどう感じていますか?

佐藤 僕は子どもたちの根本的なところは変わっていないと思います。ただ、生活環境の変化によって肥満児が増えていて、全体的な体力測定のデータが下がっているのかもしれません。特に地方は車社会が進んで、ドアツードアで座ったまま移動ができてしまうので、体を動かす機会が減っているのが心配です。まずは家庭から意識を変えることが必要ですが、昔に比べて親子の触れ合いの時間が少なくなっているのではないでしょうか。子育てとは、「親育て」でもあります。子育ての時間が減るということは、親育ての時間が減っているということ。どうやって子どもと遊んだらいいかわからないという人もいます。「こんな簡単な遊びでいいんですよ」といったことを親御さんに伝えていくことも必要です。

小林 私も「おかあさんといっしょ」の収録現場に来る3歳前後の子どもたちに、あまり変化は感じません。むしろ、親御さんの意識の変化を感じます。逆上がりやでんぐり返しができなくて不安だとか、運動やスポーツができるようになるにはどうしたらよいかといった質問の手紙をよくもらうのですが、子どもの運動能力への関心が年々、強くなってきているように思います。

佐藤 親の思い込みがあると、子どもは伸びにくい傾向があります。「この子はできないだろう、やらないだろう」とはなからあきらめている親がいるかと思えば、逆に自分ができないことを一所懸命、子どもにやらせようとする親もいる。子どもをのびのび育てるには、まず、親自身が得意なことを一緒にやってみて、体を動かす楽しさを伝えてほしい。親が苦手なところは、僕たちのような指導者を上手く利用してくれればいい。子どもはいろいろなことを経験すればするほど、可能性が広がります。

荒木 子どもはもちろん、親御さんともコミュニケーションを取りながら、適切な指導ができる人材が求められているということですね。相手にうまく伝えるためには、体でも言葉でも表現できる力を培っていかなければなりません。児童スポーツ教育が果たす社会的役割は非常に大きいと感じます。それでは最後に、このホームページをご覧になっている方へのメッセージをお願いします。

佐藤 子どもたちの「できた!」という笑顔に勝る宝物はありません。彼らと一緒に遊びながら、自らも学び、成長できる先生になってほしい。僕も勉強の毎日です。ぜひ、一緒にがんばりましょう。

小林 子どもの運動やスポーツへの関心が高まっている中、児童スポーツ教育を学ぶことは、とても意義深いことだと思います。もちろん、どのような道であっても、学んだことをどう吸収し、成長していくかは自分次第。みなさんも夢に向かって、まずは一歩踏み出してください。

プロフィール

佐藤弘道(さとう・ひろみち)

NHK「おかあさんといっしょ」第10代目体操のお兄さん、親子体操教室主宰

1968年、東京都生まれ。91年、日本体育大学体育学部体育学科を卒業。93年4月よりNHK「おかあさんといっしょ」第10代目体操のお兄さんを12年間務める。現在は、親子体操教室を主宰し、全国で体操教室や保育士講習会を行うなど幅広く活躍。

小林よしひさ(こばやし・よしひさ)

NHK「おかあさんといっしょ」第11代目体操のお兄さん

1981年、埼玉県生まれ。2004年、日本体育大学体育学部社会体育学科を卒業後、同大学運動方法体操研究室期限付き助手として、子どもから高齢者まで幅広い年代へスポーツ指導を実施。05年4月より、NHK「おかあさんといっしょ」11代目体操のお兄さんとして活躍中。

荒木達雄(あらき・たつお)

日本体育大学体育学科教授

1954年、大阪府生まれ。77年、日本体育大学体育学部体育学科卒業。現在は大学業務のほか、(財)日本体操協会常務理事、国際体操連盟(FIG)一般体操委員会副委員長として、国内のみならず、海外でも体操の普及と指導員の要請に従事している。また、体操イベントの開催等幅広い視点で体操の啓発に努めている。

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求