研究活動の基本方針・規程類

研究活動の基本方針

趣旨及び概要

本学は、建学の精神(理念・ミッション・ビジョン)及び本学の設置目的に基づき、本学で実施する研究活動の振興に係る施策の基本となる事項を定め、研究活 動を総合的かつ計画的に推進し、必要な研究予算や人材を継続的かつ安定的に確保するとともに、研究に係る施設、装置及び設備を戦略的に整備するために、全 学的な理念として表明することを目的として、平成20年5月14日に開催した第2回教授会において研究活動の基本方針を定めました。

その骨子は、主に(1)「研究の水準及び成果等に関すること」、(2)「研究支援体制(予算・人材・物的環境等)の整備に関すること」、(3)「共同利用施設及び設備に関すること」、(4)「公的研究費の適正な運用・管理体制の構築に資すること」の4つで構成されます。
基本方針の運用に係ることとしては、本学に常設委員会として設置する研究活動推進委員会が全学的な研究活動の具体的な方向性を示すものとして定める「基本計画(5ヶ年計画)」に基づき、各年度の(研究)事業計画を策定(決定)することにより実行されます

研究活動の基本計画

趣旨及び概要

本学では、【研究活動の基本方針(平成20年5月14日教授会制定)】において、原則5年間の基本計画を策定することとしており、この度、基本方針の目的を達成するため、平成21年度から平成25年度の5年間に実施する研究活動について、活動方針の実施に関し基本的な計画を示すものとして、【第1期基本計画】を策定しました。

研究活動に係る規程類

公的研究費の不正防止に関する取組み


Adobe ReaderのダウンロードPDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
アドビサイトよりダウンロードしてください。