学友会クラブ・サークル活動
  1. 研究活動
  2. 公的研究費の適正な運用・管理体制について

Ⅰ 機関内の責任体制について

第1 日本体育大学(以下「本学」という。)を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う者(以下「最高管理責任者」という。)として学長を充てる。

第2 最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について本学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ者(以下「統括管理責任者」という。)として大学事務局長を充てる。

第3 公的研究費における運営及び経費管理の担当を指導する者(以下「運営及び管理責任者」として管理部長を充てる。
2 運営及び管理責任者は研究代表者等に対し公的研究費の運営・管理に必要な指導を行い、また、改善命令に関する権限を有する。
3 運営及び管理責任者は通報及び告発窓口の代表者を兼務する。

第4 公的研究費における運営管理を担当する者(以下「運営管理担当者」という。)として管理部庶務課長を充てる
2 運営管理担当者は公的研究費に係る旅行経費に関する処理を担当する。
3 運営管理担当者は第2項に係る研究費の使用ルールの遵守に関することを所掌する。
4 運営管理担当者は公的研究費の機関管理に必要な申請等手続きに関することを所掌する。
5 運営管理担当者は、公的研究費の事務処理手続きに関する機関内外からの相談を受ける窓口の代表者を兼務る。

第5 公的研究費における経費管理を担当する者(以下「経費管理担当者」という。)として管理部会計課長を充てる。
2 経費管理担当者は公的研究費に係る物品等購入及び謝金の支払いに関する処理を担当する。
3 経費管理担当者は第2項に係る研究費の使用ルールの遵守に関することを所掌する。
4 経費管理担当者は検収責任者を兼務する。

Adobe ReaderのダウンロードPDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
アドビサイトよりダウンロードしてください。

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • お問い合わせ一覧