学友会クラブ・サークル活動

個人情報保護ポリシー

個人情報保護について

学校法人日本体育会個人情報保護方針

 学校法人日本体育会(以下「本法人」という。)は、次のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報の有用性に配慮しつつ個人情報を保護することの重要性を認識し、個人情報保護に関する法令その他の規範を遵守し、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報を適切に保護するよう努めます。また、この方針は、適宜見直しを行い必要な改善を図ります。

  1. 本法人は、個人情報を適正に取り扱うため、「個人情報保護規程」を定め、本法人の教職員及びその他の関係者に周知徹底し、これを実行します。
  2. 本法人は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用目的をできる限り特定し、その取扱いについて権限を与えられた者が、業務の遂行上必要な限りにおいて取り扱うものとします。
  3. 本法人は、個人情報を取得するときは、情報の主体である本人(以下「本人」という。)に対し、利用目的等について明示するか、又は通知し、若しくは公表し、本法人の業務に必要な範囲内で適正な方法により行います。
  4. 本法人は、本法人の取り扱う個人情報について、必要に応じて、組織的、人的、物理的及び技術的安全管理措置を講じ、個人情報に対する不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等を防止します。
  5. 本法人は、原則として、あらかじめ本人の同意を得ることなく、第三者への個人情報の提供は行いません。ただし、法令及び本法人が別に定める規則等により、本法人関係団体等へ所定の個人情報の提供を行うことがあります。この場合には、提供先において当該個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の不正な取扱いがなされないように約定し、適切な管理を実施させます。
  6. 本法人は、業務の関係上、個人情報を業者に預託する場合は、適正な基準により業者を選定し、当該個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の不正な取扱いがなされないよう契約を締結し、その業者に対し必要かつ適切な監督を行います。
  7. 本法人は、本人から当該本人の個人情報について開示、内容の訂正、追加若しくは削除、利用の停止、消去又は第三者への提供の停止等の請求がなされた場合は、合理的な範囲で遅滞なく対応します。

平成18年5月29日
学校法人日本体育会

ページのトップへ