学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部
  2. 体育学部

体育学科
(スポーツ教育領域 競技スポーツ領域)

スポーツを通じて青少年の健全な心身の育成と
競技力の向上を目指して

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

スポーツを通じて青少年の健全な心と身体とを育む力やスポーツの競技水準の向上に資する力を修得できるよう、関連する実践的な技術や理論について学修する。スポーツ科学及び、スポーツ医科学に関する知識のほか、コンディショニング管理やスポーツ傷害予防に関する知識や技能をもとに、一人ひとりの技術レベルに応じたスポーツ指導及び学校、スポーツ団体、諸施設等との有機的連携が図れるリーダーシップを涵養する。体育学科にはスポーツ教育と競技スポーツに関する学修領域を設け、より高度な実践力と知識とが体得できる本学独自のプログラムを設ける。

ページのトップへ

体育学科 2つの学修領域

スポーツの指導に関する実践的技術や専門的知識を備えるとともに、これらを通じて青少年の健全育成とスポーツの競技力向上に必要な能力を養います。

スポーツ教育領域

スポーツ教育に習熟し、将来は学校現場を中心に青少年の健全育成に資するための高度な実践力と専門的知識とを備えます。主に学校体育の指導者の養成を目的としたカリキュラムです。

将来の進路
中学校・高等学校教諭(保健体育)/専門学校教諭/幼児体育指導員/各種公務員/一般企業 ほか

競技スポーツ領域

より高い競技力を獲得するために必要な科学的トレーニングやコーチング、さらにはコンディショニング管理に関する高度な実践力と専門的知識とを備えます。トップアスリートやコーチングスタッフ、アスレティックトレーナーなどの養成を目的としたカリキュラムです。

将来の進路
プロスポーツ選手/実業団選手/中学校・高等学校教諭(保健体育)/スポーツインストラクター/アスレティックトレーナー/医療機関/各種公務員/一般企業 ほか

ページのトップへ

授業ピックアップ

専門運動方法(アーチェリー)

アーチェリーの指導者として必要な知識や選手とのコミュニケーション方法を学び、一般のスポーツ愛好者に基本的なことを教えられるコーチングスキルを修得します。

テーピング理論(実習を含む)

ケガの予防および保護に必要なテーピングについての基礎知識を学び、実習を通して現場で使える技術を修得します。

スポーツ実践指導法・体つくり運動(体操)

健康の維持増進に役立つ体操を老若男女を問わず指導できる指導法を身に付けます。

ページのトップへ

就職進路データ/取得可能な免許・資格

免許・資格
●中学校・高等学校教諭1種免許状(保健体育)
●健康運動実践指導者(受験資格)
●公認スポーツ指導者(共通科目 Ⅰ+Ⅱ+Ⅲが免除申請できます)
●スポーツリーダー
●アスレティックトレーナー(受験資格:競技スポーツ領域のみ)
●公認水泳コーチ(受験資格)
●公認ハンドボールコーチ(受験資格)
※平成29年度入学生より取得できる教員免許の追加について

主な就職先
公立および私立学校/警視庁/秋田県警察本部/東京消防庁/みずほフィナンシャルグループ/東京ガス/東日本旅客鉄道(JR東日本)/スポーツクラブNAS/エイチ・アイ・エス/大塚商会/レオパレス21/アシックス販売/セブンイレブン・ジャパン など多数

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求