学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部

体育学部が定める3つの方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

日本体育大学は、『體育富強之基』を建学の精神(教育理念)として、体育及びスポーツを通して全ての人々の願いである「心身の健康」を育むとともに、世界レベルの優秀な競技者・指導者の育成を一貫して追求し続けてきた。本学は体育及びスポーツの科学的研究を基に、競技力の向上や健康で豊かな社会の実現に向け多様な学修(「実践」と「理論」)を展開し、特に身体を動かすことによって認知された人間の運動感覚(=身体知)の諸問題について、分析や検討を加え、そこから得られた新たな知見を再びスポーツの現場に活かしていこうとする双方向の試みを積極的に展開している。

そこで体育学部では、「一般入試」を始めとして「AO入試」、「推薦入試」、「リカレント入試」等の多様な入試を実施し、高い競技力を有する者から一定の基礎学力を持ちスポーツに関する知的好奇心の旺盛な者を幅広く迎え入れることとしている。本学独自の実践と理論との一体的学修を通じて、競技力の向上やスポーツが拓く「健康で豊かな社会」の実現に向け、眼前の課題に対して総合的かつ実践的な解決を真摯に探究できる者の入学を期待するものである。

<入学時までに身に付けてほしい学力・能力>

本学は体育及びスポーツの科学的研究を基に、競技力の向上や健康で豊かな社会の実現に向け多様な学修(「実践」と「理論」)を展開している。そこで入学時までに、スポーツの実践力はもとより、次のような学力や能力を研いてこれらの学修に臨むことが期待される。国語や英語で学んだことを基盤としたコミュニケーション力、地理歴史や公民等を通じた地球規模で今日の社会を読み解く力、さらには数学や理科等で学んだ思考力に基づき、スポーツを客観的に分析する力などである。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

本学は、建学の精神に基づく教育使命を実現すべく、体育学部に体育学科、健康学科、武道学科、社会体育学科を置き、次の方針のもとに教育課程を編成し実施する。

Point1よき市民及び国際人として身につけるべき基本的な素養としての社会人基礎力を形成するため、体育学部共通の教養教育科目及び総合教育科目では、教養科目に加え、言語表現科目やキャリアデザイン科目、さらには本学独自の総合科目等を配し、調和のとれた人間力を高める。

Point2

体育学を専攻とする学生として、体育学部共通の専門基礎科目を学修し、スポーツを通じて人間の心身さらには生命に至るまで、基本的な知識や実践力を修得する。

Point3

各学科では、当該学問分野の基幹となる科目や発展的科目等を学修するとともに、履修モデルとしての専門領域において展開されている多様な科目を通じて、さらに高度な知識や実践力を体得する。

Point4体系的かつ専門的な学修を通じて体得した知識、技能、態度、志向性等を総合的に活用し、スポーツ教育、競技スポーツ、ヘルスプロモーション、ソーシャルサポート、武道教育、伝統芸能、生涯スポーツ、スポーツマネジメントなどの領域における今日的課題を実践的に解決する力を獲得する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

体育学部は、本学の教育理念を根幹とし、「独自の教育・研究プログラムを創造的に展開し、我が国の体育・スポーツ界ならびに来るべき知識基盤社会をリードする大学を目指す。また、同時に心身ともに逞しく、明朗活発で、自らが選択した職種の現場において強い即戦力として活躍できる人材の育成を図る。」という教育目標を掲げて、それを実現するために教育課程(カリキュラム)を編成・実施している。この課程を終えて、学位が授与されるためには、以下のことが求められる。

Point1所定の期間在学し、本学の教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、卒業要件単位数を修得する。

Point2

体育・スポーツの科学的研究を深め、多面的な履修を通じて基礎的な学習能力を養い、国際的平和の促進、心身の調和のとれた発達、健康増進、体力の向上、競技力向上に貢献できる専門的な知識を理解するとともに、これらを実践できる力を身に付ける。

Point3

学科・専攻における体系的学習と学科を横断する学習とを通じて、現代社会において果たす体育・スポーツの役割を深く理解し、課題探求力、問題解決力、コミュニケーション能力などの総合的能力を身に付ける。

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求