学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部・短大・専攻科
  2. 体育学部

カリキュラム・ポリシー
(教育課程の編成・実施方針)(2012年以前)

 本学は、「真に豊かな国家・社会を実現するためには、体育・スポーツの普及・発展を積極的に推進し、健全な心身を兼ね備えた全人格的な人間を数多く育成することが肝要である。」という教育理念を根幹とし、「独自の教育・研究プログラムを創造的に展開し、我が国の体育・スポーツ界ならびに来るべき知識基盤社会をリードする大学を目指す。また、同時に心身ともに逞しく、明朗活発で、自らが選択した職 種の現場において強い即戦力として活躍できる人材の育成を図る。」という教育目標を実現するため、体育学部に体育学科、健康学科、武道学科、社会体育学科を置き、次の方針のもとに教育課程を編成し実施する。

  1. 教養教育科目を通じて幅広い学問分野に触れ、総合的判断力の涵養を促すとともに全人的な教養を身につける。
  2. 体育・スポーツにおいて幅広い知識と専門性の高い技術・指導力を身につけるための科目と各種の運動方法を実践する。
  3. 各学科の専門科目の分野へと進む準備をするために学部共通科目の教養教育科目、社会人基礎力科目、専門科目の講義、演習、実技などを履修し、2年次への進学時に専門分野の学問を体系的かつ専門的に深く学ぶため、各専攻に分属する。
  4. 競技力向上、健康の維持増進を図り、人間と自然との関わりを理解するとともに、強固な責任感と高度な倫理性を身につけるために行われる演習、実技、実験、実習などを実践する。
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求