学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学院

体育科学研究科体育科学専攻が定める3つの方針

本専攻は、本学の理念と教育目的に基づき、体育及びスポーツに関する高度の学術研究により、その深奥をきわめ、学術の応用に貢献して競技力の向上に関する研究を推進するとともに、高度な学識と研究能力を持った専門家の養成と、社会の多様な分野で活躍できる人間の育成を目標とし、スポーツ文化の進展と人類の友好・親善に貢献することを使命としている。その実現のために次のとおり方針を定める。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本専攻の使命および本課程の目的を達成するために次の人材を求める。

博士前期課程(修士)

体育科学コース

  1. スポーツや武道、あるいはそれに関連する諸概念について、歴史・哲学・教育学をはじめとするあらゆる分野の方法で探究し、スポーツ文化の発展に寄与していく意欲と能力を持つ者

  2. スポーツ・健康・体育における原理・方法・運動プログラムに関する高度の知識を得るとともに学術研究を推進し、その成果を競技力向上に応用していく意欲と能力を持つ者
  3. 健康科学とスポーツ医科学の基礎・臨床両面から高度の知識を得るとともに学術研究を推進し、その成果を健康の維持・向上および疾病予防に応用していく意欲と能力を持つ者

体育実践学コース

  1. 豊かな教養と専門科学的知識、実践的能力を備え、高度化した競技スポーツ指導現場において、高度専門職業人(スーパーコーチャー)として活躍していく意欲と能力を持つ者
  2. 学校現場を熟知し、様々な健康問題や教育問題について専門的な知識と実践的能力を身につけ、高度専門職業人(スーパーティーチャー)として活躍していく意欲と能力を持つ者

博士後期課程(博士)

  1. スポーツや武道がもたらす国民の健康と生活の充実、あるいは国内外におけるスポーツ文化の役割などについて学術研究を自ら推進し、その分野の専門家としてさらに当該分野の普及と発展に寄与していく意欲と能力を持つ者
  2. スポーツ・健康・体育における原理・方法・運動プログラムに関する高度の学術研究を自ら推進し、その分野の専門家として国内外における競技力向上に寄与する意欲と能力を持つ者
  3. 健康科学とスポーツ医科学の基礎・臨床両面の専門家として高度な学術研究を自ら推進し、その分野の専門家として国内外における健康維持・向上および疾病予防を推進していく意欲と能力を持つ者
ページのトップへ

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

本専攻の教育目的を達成するために、次の方針のもと教育課程(カリキュラム)を編成し実施する。

  1. 博士前期課程にあっては、研究者養成のための基礎研究を主眼とするコースと、高度専門職業人養成のための実践的研究を主眼としたコースにわけ、カリキュラムを編成する。
  2. 体育科学分野の研究者として修得すべき知識・能力を共通科目として配置し、各自の研究を効率的に推進させるための専門的知識修得にむけた専修科目の特論及び演習を整備する。
  3. 実践力を育成するためにフィールドワークを重視した授業科目を配置し、科学と実践知をスポーツ指導に統合できる能力を育成する。
  4. 博士後期課程にあっては、自ら研究課題を発見し設定する力や研究方法等を構築する力を育成するとともに、学際的な分野への対応能力を含めた専門知識を活用・応用できる力を育成する。
  5. 自らの専門とする研究を深化させ、かつ近年のスポーツの実態に対応した問題を科学的に分析・評価するため、最新の学術的研究を踏まえた教育及び研究指導を実施する。
ページのトップへ

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本専攻の課程を修了して学位が授与されるためには、以下のことが求められる。

  1. 博士前期課程にあっては、所定の年限以上在学し、本学の教育・研究の理念と目的に沿って設定した授業科目の単位を修得する。さらに、修士論文の審査及び試験に合格すること。
  2. 博士前期課程にあっては、広い視野に立ち精深な学識を備え、体育科学分野における研究能力と専門性を要する職業等に必要な高度の能力を身につけること。
  3. 博士後期課程にあっては、所定の年限以上在学し、本学の教育・研究の理念と目的に沿って設定した授業科目の単位を修得する。さらに、博士論文の審査及び試験に合格すること。
  4. 博士後期課程にあっては、体育科学分野の研究者として自立した研究活動の遂行あるいは高度な専門的業務の従事に必要な卓越した研究能力及びその基礎となる豊かな学識を身につけること。
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求