学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学院

体育科学研究科

専攻の目的

体育科学専攻は、体育及びスポーツに関する高度の学術研究により、その深奥をきわめ、学術の応用に貢献して競技力向上に関する研究を推進するとともに、高度な学識と研究能力を持った専門家の養成と、社会の多様な分野で活躍し得る人間の育成を目標とし、スポーツ文化の進展と人類の友好・親善に貢献することを目的とする。

コース・学系

体育科学コース

研究者養成(基礎研究)を主眼とするコース

「体育科学コース」は、スポーツ文化・社会科学系、トレーニング科学系、健康科学・スポーツ医科学系の3つの学系で構成されています。これらの学系は、博士前期課程と後期課程に一貫して位置付いています。博士前期課程で研究したことを博士後期課程で拡大、深化できるシステムになっています。この「体育科学コース」は、基本的に体育の諸専門科学分野に関わって新しい科学的根拠を創出することが大きなテーマです。

スポーツ文化・社会科学系

[博士前期課程・博士後期課程]

ss01.jpg

広い視野に立つスポーツ文化の比較研究・教育を行います。例えば、時間軸による歴史的研究(スポーツ史)、空間(民族・地域の広がりなど)をベースにした人類学的研究(スポーツ人類学)、思想や哲学の立場からスポーツとは何かを問う研究(スポーツ哲学)、教育的観点からの研究(身体教育学)、産業や経営という視点からの研究(スポーツ経営学)、或いは社会(都市社会・農村社会など)を単位とした社会学的研究(スポーツ社会学)、更にはスポーツ文化の隣接領域としてのレジャー・レクリエーションの研究(レジャー・レクリエーション学)を試みるなど、グローバルな視野に立つスポーツ文化・社会科学的な教育研究に取り組みます。その意図するところは、より的確なスポーツ文化の状況認識と未来像を描くところにあります。

トレーニング科学系

[博士前期課程・博士後期課程]

ss02.jpg

主として競技力の向上を目的としたトレーニング科学に関する分野を追求しています。トレーニング科学とは、運動負荷など積極的な働きかけによる人間の適応過程を科学的に分析し、健康や体育・スポーツへの応用を意図した学問です。前期課程では競技力が心技体から成り立っているように、心理学、バイオメカニクス、生理学、体力学、トレーニング学として栄養学を学び、問題をみつけ研究が行えます。後期課程では、研究を拡大・深化させられる学識と研究能力をもった専門家を育成したいと考えています。とくに前期課程ではトレーニング科学が実践の学びであることをふまえ、机上の理論を現場で検証するのではなく現場で解決を求めている問題が先にあり、問題解決を図ることが研究と考える専門家、研究者の育成を意図し、カリキュラムにコーチング学特論Ⅰ、コーリング実践研究法、競技力向上サポート論A・Bを位置づけています。

 

健康科学・スポーツ医科学系

[博士前期課程・博士後期課程]

ss03.jpg

健康科学とスポーツ医科学の基礎と臨床の両面から、運動・スポーツを通じて健康の保持・増進や体力の向上といった健康管理、肥満やメタボリックシンドロームに示される生活習慣病の改善、さらにはスポーツ活動時に生じる損傷を予防する等が、主な研究分野となっております。
主な研究分野として、①子供から高齢者までを対象とし、身体活動やスポーツ・栄養・休養等を通して健康の保持増進を図る保健科学の分野、②運動中における呼吸・循環・代謝等の生理的反応を評価する運動生理学、あるいはラット等の実験動物を用い、そのメカニズムを明らかにする運動生化学といった基礎的分野、③スポーツ活動時に見られる身体の病的状態(内科的、外科的疾患)の発生要因やその予防策等を解明する臨床スポーツ医学の3分野であります。

体育実践学コース

高度専門職業人養成(実践的研究)を主眼とするコース

「体育実践学コース」は、コーチング学系、スポーツ教育・健康教育学系の2つの学系で構成されています。このコースは体育の専門分野で活躍できる高度な実践力を備えたスーパーコーチャーやスーパーティーチャー(保健体育教諭および養護教諭)の養成を目的としています。このコースでは特に体育の先端的な科学的知識を習得するだけでなく、それらの知識を教育実践の場に統合し、指導力として発揮できるようにするために、反省的なプラクティカム(実習)が重視されます。この「対育児浅学コース」を修了した後に、博士後期課程の「教育・コーチング学系」で研究を拡大、深化することもできます。

コーチング学系

[博士前期課程]

sp01.jpg

「スポーツ教育・健康教育学系」とともに平成23年度4月に開設されました。その特徴は、研究者養成を主眼とせず、競技スポーツ指導現場における実践力・即戦力を有する「スポーツ指導者」「スポーツ・インストラクター」「監督」「専任コーチ」「ヘッド・コーチ」「アシスタント・コーチ」などと呼称される、スポーツ指導職業人を養成・輩出することを目的としていること、さらに教科目名「プラクティカム」に代表される指導現場における実践・実習経験を最も重視している点でしょう。スーパーコーチャーとして様々なスポーツ場面で活躍してくれることと併せて、スポーツにおける指導現場志向旺盛な皆さんの新たなチャレンジを心より期待しています。

スポーツ教育・健康教育学系

[博士前期課程]

sp02.jpg

実践力、即戦力のある保健体育教諭、養護教諭を養成することを目的としています。教師に必要な授業科目としてスポーツ教育学・健康教育の理論、体育・保健の授業づくりのほかにプラクティカム(指導実習)の教科が設定されています。 プラクティカムでは、学外における小・中・高校での教育実習(保健体育希望者)、養護実習(養護希望者)を1・2年通して実施します。この実習を通して学校現場を熟知し、児童生徒の様々な健康問題や教育問題を大学院時代に把握し、教員になった時点でその解決手法を駆使できる実力を身に付けてほしいという学系のねらいがあります。修士論文は、自分の得意とする(実習で学んだ実践的な)分野をテーマとすることが出来ます。教員になってから役立つ研究課題を設定し、研究活動に邁進し自己研鑽の中で実践的な修士論文を完成させていきます。

教育・コーチング学系

[博士後期課程]

sp03.jpg

平成23年4月に開設された「体育実践学コース」の博士後期課程という位置づけで平成26年度より開設された学系です。当学系は、教育現場やスポーツの指導現場において実践力、即戦力を有する教育者、スポーツ指導者を養成することととこの分野における研究者を養成することに主眼を置いています。予想される主な研究分野は、スポーツ(体育科)教育学、学校(教育)保健学,健康教育学、コーチング学等々です。これらの研究分野では、教育現場、スポーツ指導現場とのコラボレーションが多いため、子どもやアスリートを身近に感じながら研究活動に従事することになると思います。また、実践(臨床)と理論(基礎)の架橋となる研究分野としても今後の発展が期待されています。

ss04.jpg

ページのトップへ

カリキュラム 博士前期課程(修士)

体育科学コース
(スポーツ文化・社会体育学系、トレーニング科学系、健康科学・スポーツ医科学系)
共通科目
体育科学論ⅠA・B 、 体育科学論ⅡA・B 、 体育科学論演習Ⅰ・Ⅱ
スポーツ文化・社会科学系 トレーニング科学系 健康科学・スポーツ医科学系
  • スポーツ哲学特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ哲学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ史特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ史特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ社会学特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ社会学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  •  
  • スポーツ経営学特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ経営学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 身体教育学特論Ⅰ~Ⅳ
  • 身体教育学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • レジャー・レクリエーション学特論Ⅰ~Ⅳ
  • レジャー・レクリエーション学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 生涯スポーツ学特論Ⅰ~Ⅳ
  • 生涯スポーツ学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 武道学特論Ⅰ
  • スポーツ人類学特論Ⅰ
  • スポーツ法学特論Ⅰ
  • スポーツメディア論特論Ⅰ
  • スポーツ政策学特論Ⅰ
  • トレーニング学特論Ⅰ~Ⅳ
  • トレーニング学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 体力学特論Ⅰ~Ⅳ
  • 体力学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツバイオメカニクス特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツバイオメカニクス特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ心理学特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ心理学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ栄養学特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ栄養学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 競技力向上サポート論A・B
  • コーチング実践研究法
  • コーチング学特論Ⅰ
  • スポーツ医学特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ医学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 運動生理学特論Ⅰ~Ⅳ
  • 運動生理学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 発育発達特論Ⅰ~Ⅳ
  • 発育発達特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 運動衛生学特論Ⅰ~Ⅳ
  • 運動衛生学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 保健環境学特論Ⅰ~Ⅳ
  • 保健環境学特論演習Ⅰ・Ⅱ
  • 健康教育学特論
  • 精神保健学特論
  • 保健科教育法特論
  • 運動生化学特論
  • スポーツ損傷特論
体育実践コース
(コーチング学系、スポーツ教育・健康教育学系)
共通科目
体育科学論ⅠA・B 、 体育科学論ⅡA・B 、 体育科学論演習Ⅰ・Ⅱ
コーチング学系 スポーツ教育・健康教育学系
  • コーチング実践研究法
  • コーチング学特論Ⅰ~Ⅳ
  • スポーツ情報処理理論・実習
  • パフォーマンス分析理論・実習
  • スポーツカウンセリング理論・実習
  •  
  • 専門スポーツコーチング理論・実習
  • 専門コーチング演習
  • プラクティカムⅠ~Ⅲ
  • スポーツ教育論
  • 健康教育実践学特論
  • 学校保健学特論
  • 学校経営論(スクールリーダー論)
  • 学校心理学特論
  • 体育授業観察・評価理論・実習
  • 学校保健観察・評価理論・実習
  • 体育授業づくり理論・実習
  • 保健授業づくり理論・実習
  • ダンス授業づくり理論・実習
  • 体つくり運動授業づくり理論・実習
  • 野外活動理論・実習
  • レクリエーション指導理論・実習
  • インクルーシブ体育指導理論・実習
  • 養護実践学特論演習
  • 体育授業づくり演習
  • 保健授業づくり演習
  • ダンス授業づくり演習
  • 体つくり運動授業づくり演習
  • 野外活動演習
  • レクリエーション演習
  • インクルーシブ体育指導理論演習
  • プラクティカムⅠ~Ⅳ
  • プラクティカムⅠ~Ⅳ(養護)
日本語科目及び日本事情に関する科目(外国人留学生)
全コース対象
日本語表現・読解 、 日本事情(※左記記科目は、外国人留学生の必修科目とする。なお、博士前期課程の修了要件単位数には含まない。)
ページのトップへ

カリキュラム 博士後期課程(博士)

共通科目
体育科学特論演習I  、  体育科学特論演習II  、  英語論文ライティング
スポーツ文化・社会科学系 トレーニング科学系 健康科学・スポーツ医科学系 教育・コーチング学系
  • 身体教育学特論
  • 身体教育学特論演習
  • スポーツ史特論Ⅰ
  • スポーツ史特論演習Ⅰ
  • スポーツ史特論Ⅱ
  • スポーツ史特論演習Ⅱ
  • スポーツ経営学特論
  • スポーツ経営学特論演習
  • スポーツ哲学特論
  • スポーツ哲学特論演習
  • スポーツ人類学特論
  • スポーツ人類学特論演習
  • スポーツ社会学特論
  • スポーツ社会学特論演習
  • レジャー・レクリエーション学特論
  • レジャー・レクリエーション学特論演習
  • トレーニング学特論
  • トレーニング学特論演習
  • スポーツ生理学特論
  • スポーツ生理学特論演習
  • スポーツ栄養学特論
  • スポーツ栄養学特論演習
  • スポーツバイオメカニクス特論
  • スポーツバイオメカニクス特論演習
  • スポーツ心理学特論Ⅰ
  • スポーツ心理学特論演習Ⅰ
  • スポーツ心理学特論Ⅱ
  • スポーツ心理学特論演習Ⅱ
  • 運動衛生学特論
  • 運動衛生学特論演習
  • 運動生理学特論
  • 運動生理学特論演習
  • 体力医学特論
  • 体力医学特論演習
  • 健康教育学特論
  • 健康教育学特論演習
  • 健康発達学特論
  • 健康発達学特論演習
  • スポーツ損傷と予防特論
  • スポーツ損傷と予防特論演習
  • 障害学特論
  • 障害学特論演習
  • スポーツ教育学特論
  • スポーツ教育学特論演習
  • スポーツ教授学・方法学特論
  • スポーツ教授学・方法学特論演習
  • コーチング学特論
  • コーチング学特論演習
  • 学校保健学特論
  • 学校保健学特論演習
  • 公衆衛生学特論
  • 公衆衛生学特論演習
  • リプロダクティブ・ヘルス特論
  • リプロダクティブ・ヘルス特論演習
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求