学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学院

体育科学研究科コーチング学専攻が定める3つの方針

本専攻は、本学の理念と教育目標に基づき、コーチング学に関する高度の学術研究により、その深奥をきわめ、学術の応用に貢献して体育及びスポーツ指導に関する研究を推進するとともに、最新のコーチング実践の検証を行うことのできる高度な研究能力と新しいコーチング学の研究開発を担うことのできる人材の育成を目標とし、コーチング学の進展と体育・スポーツの面から世界平和に貢献することを使命としている。その実現のために次のとおり方針を定める。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本専攻の使命および本課程の目的を達成するために次の人材を求める。

博士前期課程(修士)

  1. 体育・スポーツに強い関心を有し、体育・スポーツ分野の指導者・研究者を目指す者で、将来国内外の体育・スポーツの分野において、積極的に体育・スポーツ指導に携わると共に、新しい時代のコーチングをリードしていく意欲と能力を持つ者。
  2. 体育・スポーツ科学に基づく指導ができるとともに、「モデル・コア・カリキュラム」等をスポーツ指導者やそれを目指す者に教授できる能力を身に着けることに意欲と基礎的資質を有する者。

博士後期課程(博士)

コーチングの研究と実践を通して、コーチング学研究を主体的に推進していく意志と資質を持ち、国内外において体育・スポーツ指導の在り方を発信できる意欲と能力を持つ者。

ページのトップへ

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

本専攻の教育目的を達成するために、次の方針のもと教育課程(カリキュラム)を編成し実施する。

  1. 博士前期課程にあっては、国内外のコーチング学分野で活躍できる専門的かつ実践的能力とコーチデベロッパーとしての基礎的能力を身につけるカリキュラムを編成する。
  2. 体育・スポーツ科学分野の研究者としての知識と能力を修得させるための共通科目およびコーチング学の基礎的知識と実践的能力の修得にむけた基礎科目を配置するとともに、各自の研究を効率的に推進させるための専門的知識と能力の修得に向けた専修科目を整備した。
  3. 博士後期課程にあっては、コーチング学分野の研究者として自立して研究活動が遂行できるとともに、豊かな学識に裏打ちされたコーチデベロッパーとしての能力および学際的な分野への対応能力を含めた専門的知識を活用・応用できる力を育成する。
  4. 専門とする分野の研究を深化させ、かつ常に変化するスポーツ現場から派生する諸問題を科学的に分析・評価し解決するため、最新の学術的研究を踏まえた教育及び研究指導を実施する。
ページのトップへ

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

本専攻の課程を修了して学位が授与されるためには、以下のことが求められる。

  1. 博士前期課程にあっては、所定の年限以上在学し、本学の教育・研究の理念と目的に沿って設定した授業科目の単位を修得する。さらに、修士論文の審査及び試験に合格すること。
  2. 博士前期課程にあっては、広い視野に立ち精深な学識を備え、コーチング学分野における高度な専門的かつ実践的能力とコーチデベロッパーとしての基礎的能力を身につけること。
  3. 博士後期課程にあっては、所定の年限以上在学し、本学の教育・研究の理念と目的に沿って設定した授業科目の単位を取得する。さらに、博士論文の審査及び試験に合格すること。
  4. 博士後期課程にあっては、コーチング学分野の研究者として自立して研究活動の遂行ができるとともに、豊かな学識に裏打ちされたコーチデベロッパーとしての能力を身につけること。
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求