学友会クラブ・サークル活動

大学院

高度な学術研究により、スポーツ文化の進展と人々の友好・親善に貢献する。

大学院概要

体育科学並びに教科教育学分野における学術文化発展のために

本大学院は、体育及びスポーツ並びに教科教育に関する高度の学術研究により、その深奥をきわめ、学術の応用に貢献して競技力向上及び教科教育の実践に関する研究を推進するとともに、高度な学識と研究能力を持った専門家の養成と、社会の多様な分野で活躍し得る人間の育成を目標とし、スポーツ文化の進展及び新たな教科教育学の構築と人類の友好・親善に貢献することを目的とします。

課程の目的

博士前期課程

博士前期課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。

博士後期課程

博士後期課程は、専攻分野について研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。

研究科の構成

標準修業年限 博士前期課程 2年
博士後期課程 3年
学位について 博士前期課程 修士(体育科学)
博士後期課程 博士(体育科学)
取得できる免許状
(博士前期課程)
中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)
※ただし、1種免許状をすでに取得している者
養護教諭専修免許状
※ただし、1種免許状をすでに取得している者
標準修業年限 博士前期課程 2年
博士後期課程 3年
学位について 博士前期課程 修士(コーチング学)
博士後期課程 博士(コーチング学)
標準修業年限 博士前期課程 2年
博士後期課程 3年
学位について 博士前期課程 修士(教育学)
博士後期課程 博士(教育学)
取得できる免許状
(博士前期課程)
小学校教諭専修免許状
※ただし、1種免許状をすでに取得している者
ページのトップへ

施設紹介

生化学実験室

facility1.jpg

血液および組織の生化学的検査、病理学的検査、遺伝子検査などを行う部屋です。

人工気候室

facility2.jpg

温度、湿度を任意に変化させることが出来ます。室内に埋め込み型のトレッドミルが設置されていて運動が可能な部屋と、安静時の測定が可能な部屋の二つの部屋があります。

MRI室

facility3.jpg

主に筋肉の形状あるいは体組成などを非侵襲的に測定し、研究するために使用されます。

動物飼育実験室

facility4.jpg

実験用小動物(マウス・ラット)が飼育可能な部屋です。

スポーツカウンセリングルーム

facility5.jpg

心理学的な測定が行われる部屋です。

自習室

facility6.jpg

大学院生が文献を精読したり、自分自身の学位論文を作成する部屋です。

演習室

facility7.jpg

主に大学院で開講される講義に利用されます。各研究室で行われるゼミや外部講師によるセミナー等に利用される場合もあります。

中央測定室

facility8.jpg

中体育館ほどの広さがあります。中央にはタータン、周囲にはキャットウォークが配置され、様々なバイオメカニクス的測定が可能です。筋力測定装置なども配置されており、多用途利用が可能な測定室です。

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求