学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学院

教育学研究科が定める3つの方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

博士前期課程(修士)

博士前期課程では、小学校教諭専修免許状の取得を目指して、各教科に「授業実践」を積極的に展開していく。また、この実践を通じて見いだされた新たな課題を解決し、絶えず授業の改善に努めようとする自立的実践研究力を育成する。
教育現場、とりわけ小学校における教科(国語、社会、算数、理科、体育)の学習指導について、その専門性を備え、あわせて実践的な研究に意欲をもって臨める人材を受入れる。
また、本研究科(博士前期課程)において、実践的指導力を更に高め、社会の急速な進展の中、教員としての探究力を有し、知識や技能の刷新のために常に「学び続ける教師」や理論的裏付けに基づく「実践的な教育力」を備えた資質の高い指導者を目指す者を求める。

博士後期課程(博士)

博士後期課程では、世界的な視野をもって各教科の教育課程を眺め返し、その理論と具体的な学習指導とを往還させ、教育課程をもとにした学習指導レベルでの実践的検証力の育成を目指す。
実践的検証力を育成するにあたって、各教科においてカリキュラムに関する理論と学習指導とを往還する分野において新しい研究領域を見いだす力とそれを解決していくための論理構成力の育成も目指す。
教育現場、とりわけ小学校における教科(国語、社会、算数、理科、体育)の学習指導について、その高い専門性を備えた人材を受入れる。
また、本研究科(博士後期課程)において、世界的視野で各教科の教育課程をもとにした指導について実践的検証力を高めるとともに、各教科の理論と学習指導において新たな研究領域を見いだそうとする意欲を有し、「実践的な教育力」及び「論理構成能力」をもつ資質の高い指導者を目指す者を求める。

ページのトップへ

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

博士前期課程(修士)

教科の共通性や固有性をもとに、自己の実践を絶えず改善していく研究方法やその「すべ」を獲得できるようにするため、教育活動の具体的な場である各教科の授業実践を行い、その実践から課題を見いだし、その課題を解決していくという、絶えることなく授業改善を行う能力の育成のため、以下のようなカリキュラムを編成した。各教科共通の基底となる教科基盤科目、教科の共通性をもとにした必須教科共通科目、教科の固有性をもとにした教科選択科目の3種に大別し、編成した。

  1. 教科基盤科目では、教科の成立基盤や教科区分、教科の本質、人間性の育成などから、各教科の本質にもとづく、学習指導の構成について理論と実践の両側面で深く学ぶ。
  2. 教科の共通性をもとにした必須教科共通科目では、各教科において学習指導レベルで目標や学習指導、評価に関する優れた実践について深く学ぶ。
  3. 教科の固有性をもとにした教科選択科目では、自分が選択する教科において学習指導レベルで目標や学習指導、評価に関する構成方法について深く学ぶ。

博士後期課程(博士)

教科における学習指導あるいは授業を研究の基底とし、かつ新しい見地からの教科教育学の構築を目指すため、世界的視野で各教科における教育課程に関する理論と具体的な学習指導とを往還させ、教育課程をもとにした学習指導レベルでの実践的検証力の育成するため、次のような教育課程を編成した。博士論文を作成するための基礎的能力育成のためのカリキュラム開発講究と、博士論文を作成するためのカリキュラム開発特別研究の2つに大別し、編成した。

  1. 博士論文を作成するための基礎的能力育成のためのカリキュラム開発講究では、典型的な論文に関して論文を作成する技法などを深く学ぶ。
  2. 博士論文を作成するためのカリキュラム開発特別研究では、博士論文を作成するため、未開発の領域の見いだし方や論文の論理構成などを深く学ぶ。
ページのトップへ

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

博士前期課程(修士)

所定の単位を修め、次に述べる能力を備えた学生に修了を認定して学位を授与する。

これからの教師は、学び続ける教師と学校現場のニーズに応え得る実践性を備えた教員養成が必要となる。

このため、小学校専修免許状とともに、授業実践を行い、その実践から課題を見いだし、その課題を解決し、絶えず授業改善を行うという自立的実践研究力を有することを目的とした。具体的には、以下の3点に整理できる能力を有することを修了要件とする。

  1. 各教科の授業実践を通して自己の実践を絶えず改善していく研究方法を獲得することによって学び続ける能力を有していること。
  2. 各教科の授業実践を通して自己の実践を絶えず改善していく「すべ」を獲得することによって絶えず授業改善を行う能力を有していること。
  3. 各学校やJICAなどで活躍できる能力を有していること。

博士後期課程(博士)

所定の単位を修め、次に述べる能力を備えた学生に修了を認定して学位を授与する。

各教科におけるカリキュラムは、学習指導レベルで具現化できるので、世界的視野で各教科における教育課程に関する理論と具体的な学習指導とを往還させ、教育課程をもとにした学習指導レベルでの実践的検証力を有することを目的とした。具体的には、以下の2点に整理できる能力を有することを修了要件とする。

  1. 実践的検証力を育成するにあたって、各教科においてカリキュラムに関する理論と学習指導を往還する分野において新しい研究領域を見いだす力とそれを解決していくための論理構成力を有すること。
  2. カリキュラムスペシャリストとして教職大学院などの大学教員で活躍できる能力を有すること。
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求