学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学院

教育学研究科

専攻の目的

実践教科教育学専攻は、教科教育に関する高度の学術研究により、その深奥をきわめ、学術の応用に貢献して実践的な教育力及び学び続ける教師に関する研究を推進するとともに、絶えることなく授業改善を行う教師の養成を目標とし、教科の共通性を基底に各教科の固有性を保持する新しい教科教育学の構築と人類の友好・親善に貢献することを目的とする。

教育学研究科の構想

小学校教員養成を基盤として

教科の共通性を基底に、各教科の本質である固有性をとらえ、新しい見地から学習指導を構想し展開できる人材(カリキュラムプラクティスト)を育成。

実践力を備えた学び続ける教師

授業実践を行い、その実践を教科の本質や教材の本質という見地から課題を見出し、その課題を追究し絶えず授業改善を行うという自立的実践研究を有する人材(カリキュラムスペシャリスト)の養成。

世界的視野でカリキュラムを考える

各教科においてカリキュラムに関する理論と学習指導とを往還させ、新しい研究領域を見出す人材を育成。

e01.jpg

ページのトップへ

カリキュラム 博士前期課程(修士)

科目区分 授業科目の名称
教科基盤科目
  • 教科教育特論
  • 教科教育研究法
  • 教科目標論
  • 教科学習指導論
  • 教科評価論
教科共通科目
  • 国語科実践研究
  • 社会科実践研究
  • 算数科実践研究
  • 理科実践研究
  • 体育科実践研究
教科選択科目 国語
  • 国語科特別研究Ⅰ
  • 国語科特別研究Ⅱ
  • 国語科学習内容構成セミナー
  • 国語科教材開発セミナー
社会
  • 社会科特別研究Ⅰ
  • 社会科特別研究Ⅱ
  • 社会科学習内容構成セミナー
  • 社会科教材開発セミナー
算数
  • 算数科特別研究Ⅰ
  • 算数科特別研究Ⅱ
  • 算数科学習内容構成セミナー
  • 算数科教材開発セミナー
理科
  • 理科科特別研究Ⅰ
  • 理科科特別研究Ⅱ
  • 理科科学習内容構成セミナー
  • 理科科教材開発セミナー
体育
  • 体育科特別研究Ⅰ
  • 体育科特別研究Ⅱ
  • 体育科学習内容構成セミナー
  • 体育科教材開発セミナー
ページのトップへ

カリキュラム 博士後期課程(博士)

科目区分 授業科目の名称
共通分野
  • カリキュラム開発講究(国語教育学)
  • カリキュラム開発講究(社会科教育学)
  • カリキュラム開発講究(数学教育学)
  • カリキュラム開発講究(理科教育学)
  • カリキュラム開発講究(体育科教育学)
専修分野 国語
  • カリキュラム開発特別研究Ⅰ(国語教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅱ(国語教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅲ(国語教育学)
社会
  • カリキュラム開発特別研究Ⅰ(社会科教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅱ(社会科教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅲ(社会科教育学)
数学
  • カリキュラム開発特別研究Ⅰ(数学教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅱ(数学教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅲ(数学教育学)
理科
  • カリキュラム開発特別研究Ⅰ(理科教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅱ(理科教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅲ(理科教育学)
体育
  • カリキュラム開発特別研究Ⅰ(体育科教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅱ(体育科教育学)
  • カリキュラム開発特別研究Ⅲ(体育科教育学)
ページのトップへ

授業時間

授業時間は昼夜開講制となっています。大学院設置基準第14条に定める教育方針の特例措置を適用し、平日通常時間帯(1~5時限)の他、夜間(6~7時限)、土・日曜日または夏期・冬期休業期間を利用した、定期的あるいは集中的に行う講義・研究指導を受けることが出来ます。

時限 時間
1時限 09:00~10:30
2時限 10:40~12:10
3時限 13:00~14:30
4時限 14:40~16:10
5時限 16:20~17:50
6時限 18:00~19:30
7時限 19:40~21:10
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求