学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部
  2. 児童スポーツ教育学部

児童スポーツ教育コース

子どもたちの心身をたくましく育てる
教育力に優れた指導者を目指して

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

学校現場や地域における児童期の体育・スポーツや健康に関連する指導・支援を適切に行えるよう、関連する実践的な技術や理論について学修する。教科指導はもとより、体育行事やクラブ活動、総合型地域スポーツクラブ等で求められるより高度な実践力と知識とが体得できる本学独自のプログラムを設ける。

ページのトップへ

児童スポーツ教育コースの特徴

NSSU's learning & Future vision
子どもたちと一緒に体育の楽しさと可能性を追求。


社会環境や生活様式の変化により、遊ぶ場所・時間・仲間が少なくなっている今、子どものスポーツ機会の充実は重要な課題です。幼児から児童の時期に体の基礎をつくり、団体スポーツを楽しみながら人とのつながりを実感する体験は、その後の人間形成に大きく影響します。

本コースで、子ども達たちに体を動かす楽しさやスポーツの魅力を伝えられる指導者に必須の専門知識と実践的な教育方法を学んでください。

人材育成の方向

学校の教育活動の活性化に資する小学校教諭

教科指導はもとより、体育や健康に関する指導に長け、体育行事やクラブ活動の指導、全校の体力つくりなどについて、高い専門性を発揮できる小学校教諭を養成します。さらには、体育の専科教員、体育活動コーディネーターとしての活躍が期待されます。

児童期の体つくりとスポーツ指導の専門家

地域における児童の遊び場や児童館、学童保育、スポーツクラブ、スポーツ少年団、総合型地域スポーツクラブ等で、児童期の体力つくりやスポーツの指導、健康な生活の支援に従事できる知識とスキルを有する専門家を養成します。

将来の進路

  • 小学校教諭
  • 幼稚園教諭
  • ジュニアスポーツ指導員
  • 障がい者スポーツ指導員
  • 健康運動実践指導者
ページのトップへ

授業ピックアップ

児童スポーツコーチング学

子どもスポーツに関するコーチの役割やスキルを考察します。

アスリート中心のコーチング・育成概念を基盤としながら、世界中の人たちが知恵を集めた児童のためのコーチング学を学び、自らの経験に基づいたコーチングだけでなく、現場でより良い即興が行える指導力を培います。

児童スポーツ教育論

スポーツ教育の目標と歴史、子どもたちへの運動指導の原理・原則を学びます。

子どもを対象にしたスポーツ教育にかかわる理論と方法について学びます。
スポーツ教育の目標やねらい、各運動領域の教材研究の方法、教師行動の原則などについての学びと理解を目的としています。

教育実習Ⅰ・Ⅱ(小学校)

実習校で「教師としての実務」に就き、公教育について実践的・多面的に学びます。

Ⅰ・Ⅱとも約2週間、学級指導や学科指導、学校行事の指導などから教師の役割を知り、また学校組織の制度や運営、地域社会とのかかわりなども体験的に学びます。
教師としての適性判断や教師を目指すうえでの課題を得る重要な授業です。

ページのトップへ

取得可能な免許・資格

●小学校教諭1種免許状
●幼稚園教諭1種免許状
●障害者スポーツ指導員(初級)
●スポーツリーダー
●ジュニアスポーツ指導員(受験資格)
●健康運動実践指導者(受験資格)
●公認スポーツ指導者(共通科目Ⅰ+Ⅱ免除)

ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求