学友会クラブ・サークル活動
  1. 学部

児童スポーツ教育学部

幼児期・児童期の運動習慣を身につけ、
健康で豊かな社会づくりに貢献する

「児童スポーツ教育学」とは、「体育学(スポーツ科学)」と「教育学・保育学」の中でも特に児童期の発達段階に焦点をあてた「児童教育学」とを緊密に融合させた学問領域です。
次代を担う子ども達の体力・運動能力の発達・向上に貢献できる、信頼と期待に応えられる真の指導者を養成します。

専門性に裏打ちされた実践的指導を発揮できる人材育成を

写真:久保 健
児童スポーツ教育学部長
久保 健
児童スポーツ教育学部では、
①児童の発達と教育についての基礎理論、
②小学校の全教科・教科外教育と幼稚園・保育園の全領域についての幅広い教養、
③体育学(スポーツ・健康科学)
についての高い専門性を身につけ、子どもと体をぶつけ合って遊び学ぶことができ、小学校・幼稚園・保育園や児童スポーツの現場で、体育・スポーツ・運動遊び・健康について優れた実践的指導力とリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指します。

児童スポーツ教育学科

子どもの健康と成長に寄り添い、「心」と「体」を育てる指導者を目指して

本学科では、「児童スポーツ教育コース」と「幼児教育保育コース」の2コースを開設。幼児・児童期の運動について「体力・運動能力の向上」だけでなく、意欲的な心やコミュニケーション能力の育成、運動制御機能の発達という面も重要視した、本学独自のプログラムを設けています。
次代を担う子どもたちの「健康で豊かな社会」を創造できる、子どもの健康と成長に寄り添い見守れる指導者を目指します。

子どもたちの心身をたくましく育てる
教育力に優れた指導者を目指す

子どもの興味や運動欲求に応える運動遊びを
積極的に実践できる指導者を目指す

育成すべき人材とは

児童期(乳幼児から小学校修了まで)における心身の発達特性に応じた体つくり、運動遊び、スポーツ、体育、健康の分野で、指導や支援を強みとした高い専門的知識と実践的な教育力とを有する室の高い指導者。

児童スポーツ教育学部 共通カリキュラム

学部共通科目
基軸科目 教養科目
  • 基礎ゼミナールⅠ
  • 基礎ゼミナールⅡ
    (アカデミックリテラシー)
  • 児童スポーツ教育演習
  • 児童スポーツ教育研究Ⅰ
  • 児童スポーツ教育研究Ⅱ
  • 現代社会と憲法
  • 情報機器の操作
  • こころと行動の科学
  • 生命の科学
  • 変貌する社会と人間生活
  • 身体とスポーツの文化論
  • 文学と人間
  • 経済学から眺める社会
言語コミュニケーション科目 総合科目
  • 基礎英語Ⅰ
  • 基礎英語Ⅱ
  • 英語コミュニケーションⅠ
  • 英語コミュニケーションⅡ
  • 日体大の歴史
    (日体伝統実習を含む)
  • 野外活動実習
学科共通科目
基幹科目 スポーツ実技科目 自由科目
  • 児童スポーツ教育論
  • 児童健康教育論
  • 発育発達論
  • 児童の身体の仕組み
  • 児童スポーツ指導論
  • 児童の体つくりと動きつくり
  • スポーツ生理学
  • スポーツバイオメカニクス
  • 食育論
  • ライフステージ栄養学
  • 学校教育論
  • 現代子ども論
  • 教材・教具論
  • 体つくり運動(体操)
  • ダンス
  • 器械運動
  • 陸上競技
  • 水泳
  • ボールゲーム
  • 柔道
  • エアロビックエクササイズ
  • レクリエーション
  • アダプテッドスポーツ論
  • アダプテッドスポーツ実技
  • スポーツ現場実務論
  • スポーツ現場実習
ページのトップへ
  • 入学に関するお問い合わせ
  • 願書・資料請求