学友会クラブ・サークル活動

【訂正】『2018年度(平成30年度)大学院体育科学研究科学生募集要項』の訂正について(2017年11月7日更新)

「2018年度(平成30年度)大学院体育科学研究科学生募集要項」の記載に誤りがありました。下記のとおり訂正するとともに、深くお詫び申し上げます。

【2017年11月7日訂正】

訂正箇所

p.後_14 平成30年度 研究指導科目担当者及び研究指導領域

体育科学専攻 スポーツ教育・健康教育学系

【訂正前】

追記

【訂正後】

教員名:久保 健

研究指導領域:

スポーツ教育学(保健体育科教育学)

専門研究領域は、スポーツ教育(保健体育科教育)における体育と保健の教材研究と授業づくり研究である。スポーツ教育(保健体育科教育)の歴史と本質、その目的・内容・方法について歴史的・原理的に考究するとともに、特に教材研究と授業づくり研究について現場教師と共同で実践的研究を行っている。授業研究方法としては、特に教育実践記録の作成とその教育学的批評という観点からアプローチしている。

【2017年9月25日】

●訂正箇所①

p.前_4 3.選抜区分及び出願要件

(1)体育科学専攻

②体育実践学コース(スポーツ教育・健康教育学系)社会人選抜

【訂正前】

p.前_3「2.出願資格」に該当し、次の①、②のいずれかに該当する者

【訂正後】

p.前_3「2.出願資格」に該当し、次の①~③のいずれかに該当する者

 

●訂正箇所②

p.前_4 3.選抜区分及び出願要件

(2)コーチング学専攻 社会人選抜

【訂正前】

p.前_3「2.出願資格」に該当し、次の①~③のいずれかに該当する者

①有職者で、入学時に2年以上の経験年数を有する者で、以下の要件を満たす者

②青年海外協力隊等で海外における体育・スポーツの指導に関わる社会貢献活動の経験が入学時に原則として2年以上ある者で、以下の要件を満たす者

③大学卒業後、競技(指導)歴を有する者または(財)日本体育協会公認スポーツ指導者資格を有する者

【訂正後】

p.前_3「2.出願資格」に該当し、次の①、②のいずれかに該当する者

①有職者で、入学時に2年以上の経験年数を有する者で、以下の要件を満たす者

②青年海外協力隊等で海外における体育・スポーツの指導に関わる社会貢献活動の経験が入学時に原則として2年以上ある者で、以下の要件を満たす者

【以下要件】

大学卒業後、競技(指導)歴を有する者または(財)日本体育協会公認スポーツ指導者資格を有する者

 

問い合わせ先

アドミッションセンター ℡:045-963-7955 

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • 入学に関するお問い合わせ
  • お問い合わせ一覧