学友会クラブ・サークル活動
  1. 就職・キャリア支援
  2. 保育士資格取得講座

保育士資格取得特例講座

【文部科学大臣認定】「平成29年度 日本体育大学 保育士資格取得特例講座」募集要領

※平成29年度の募集は終了いたしました。

平成29年2月

平成29年度の「保育士資格取得特例講座」を下記の要領で開催いたしますので、ご案内申し上げます。

幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について

平成24年8月の認定こども園法改正より、学校及び児童福祉施設としての法的位置づけを持つ単一の施設として、新たな「幼保連携型認定こども園」が創設されました。
新たな「幼保連携型認定こども園」は学校教育と保育を一体的に提供する施設であるため、配置される職員としては「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方の免許・資格を有する「保育教諭」が位置づけられています。それにより新たな「幼保連携型認定こども園」への円滑な移行を進めるため、改正認定こども園法の施行後5年間は、幼稚園教諭免許状または保育士資格のいずれかを有していれば、「保育教諭」として勤務できる経過措置を設けておりますが、この間に所有していないもう一方の免許・資格を取得する必要があります。
このため、経過措置期間中に幼稚園教諭免許状を有し幼稚園等において一定の実務経験を有する方を対象として、保育士資格の取得に必要な単位数等の特例を設け、免許・資格の併有を促進することとしました。

(厚生労働省ホームページより一部引用)

それに伴い、幼稚園教諭免許状を既に取得しており、今後認定こども園にて就業を希望する方に対し保育士資格を取得して頂くことを目的とし、特例講座を実施いたします。

実施要項

1.実施期間

通信教育:平成29年4月~7月
スクーリング:平成29年8月18日(金)~22日(火)  5日間
※通信・スクーリング一方のみの受講はできません。 

2.スクーリング実施場所

日本体育大学 東京・世田谷キャンパス

3.受講料

90,000円

4.募集人数

30名
※定員超過した場合は、抽選となります。

5.受講資格

(1)基礎資格

①幼稚園教諭免許状を有する者

(2)実務経験

①以下のいずれかの施設での実務経験があること

  1. 幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)
  2. 認定こども園
  3. 保育所
  4. 小規模保育事業(法第6条の3第10項に規定する小規模保育事業(家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準(平成26年厚生労働省令第61号)第27条に規定する小規模保育事業A型及び小規模保育事業B型に限る。))を実施する施設
  5. 事業所内保育事業(法第6条の3第12項に規定する事業所内保育事業(利用定員が6人以上の施設)を実施する施設
  6. 公立の認可外保育施設
  7. へき地保育所
  8. 幼稚園併設型認可外保育施設
  9. 認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設

ただし、9.は次の施設を除くことに注意してください。

  • 当該施設を利用する児童の半数以上が一時預かり(入所児童の保護者と日単位又は時間単位で不定期に契約し、保育サービスを提供するもの)による施設
  • 当該施設を利用する児童の半数以上が22時から翌日7時までの全部又は一部の利用による施設
  • 利用定員が5人以下の施設

②実務証明責任者より実務証明書の発行が可能であること

③最低在職年数:3年(勤務時間の合計が4,320時間以上の場合に限る)
実務経験については、厚労省ホームページより詳細をご確認頂き、勤務先または勤務地の教育委員会へ必ずご確認ください。

6.日程・内容

科目名

単位

担当教員

受講方法

集中講義日

福祉と養護
(講義)

2

本多洋実

通信教育
スクーリング(集中講義)

平成29年8月18日(金)
1~4時限(9:00~16:10)

乳児保育
(演習)

2

岡本美和子

通信教育
スクーリング(集中講義)

平成29年8月19日(土)、20日(日)
1~5時限(9:00~17:50)

保健と食と栄養
(講義)

2

岡本美和子
安達瑞保

通信教育
スクーリング(集中講義)

平成29年8月21日(月)
1~4時限(9:00~16:10)

相談支援
(講義)

2

金子嘉秀

通信教育
スクーリング(集中講義)

平成29年8月22日(火)
1~4時限(9:00~16:10)

※期間内において、講義日が変更になる場合があります。

7.その他

幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例についての詳細は、厚労省ホームページよりご確認ください。

受付方法

1.申込期間

平成29年3月1日(水)~3月7日(火)必着

2.申込方法

(1)提出書類

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • お問い合わせ一覧