学友会クラブ・サークル活動
  1. 就職・キャリア支援

就職支援プログラム

【就職支援プログラム】多彩なサポートで夢を実現

学生支援センターでは、「教員」「企業」「公務員」などさまざまな就職支援プログラムを組んでいます。1、2年次に「働く」ことの意義・目的から学び、具体的に就職活動が始まる3年次には業界・企業・職種の知識を身につけ、4年次に結果を出すという一連のプログラムです。「やりたい職業に就く」ためにも、「なりたい自分になる」ためにも多くの行事や講座に参加することが大切です。

教員になるなら伝統ある日体大

「平成28年度公立学校教員採用試験」合格者321名!
学生支援センターが教育委員会に行った調査によると、平成27年度に実施された公立学校教員採用試験合格者は卒業生・現役学生を合わせて321名となりました。(平成28年5月1日現在 7団体非公表) 321名の内訳は保健体育217名、養護教諭13名、小学校50名、特別支援41名となっています。
本学では教員志望の学生のために、採用試験に向けた「勉強方法ガイダンス」、「模擬テスト」、「筆記試験対策講座」など多種多様な講座を実施し、また二次試験対策講座などの実践練習も行っています。

ページのトップへ

「企業」行動力・実行力がある日体大

企業就職希望者の就職率は約98.7%!
授業やクラブ活動などを通じて高い「人間力」(コミュニケーション能力/傾聴力/忍耐力/実践力/協調性など)を身につけた本学の学生は、スポーツ関連企業を含め、多種多様な企業・団体へ就職しています。そうした背景には、「学内合同企業説明会」の開催や、採用試験に欠かせない面接・筆記試験に関する講座などを実施していることが挙げられます。
一人ひとりが満足できるよう、内定が決まるまで個別相談など、きめ細やかに対応しています。

ページのトップへ

【就職相談】

マン・ツー・マンの親身な指導
「将来、何をしたらいいかわからない」「教員採用試験の勉強方法がわからない」「クラブ活動が忙しくて就職活動ができない」などの質問や悩みに対して、個別相談を随時実施し、個々の状況に合わせて就職が決まるまで親身にサポートしています。

ページのトップへ

【クラブ・サークル別就職ガイダンス講座】

クラブ活動で忙しい学生を支援
練習や大会などクラブ活動で忙しくて就職支援行事や講座になかなか参加できない学生のために、クラブ・サークル単位で時間を設定して「就職ガイダンス」を実施しています。ここでは、「働くとは」という基本的なことから「具体的な就職活動の仕方」まで親身なって指導しています。進路が定まらず、将来に不安を抱えたまま競技を続けている学生にとっては心強い講座となっています。

ページのトップへ

同窓会・保護者会との連携

大学・同窓会・保護者会の三者連携による支援
同窓会では、教員を目指す現役学生と卒業生に対して、各都道府県単位で教員採用試験対策の研修会を実施しており、出題傾向に沿った筆記や面接対策の指導をしています。
保護者会からは、就職支援講座に関する補助金などサポートをいただき、学生は「教員採用模擬試験」や「公務員模擬試験」などを全て無料で受講できます。これは本学独自のシステムです。
また、各地で行われる就職対策懇親会などでは、大学・同窓会・保護者会の三者が連携し、積極的に情報交換をしています。

ページのトップへ
ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • お問い合わせ一覧