学友会クラブ・サークル活動
  1. 大学案内
  2. 日本体育大学について

事業方針

平成29年度事業計画の基本方針について

1.事業方針

少子高齢化が進行するわが国では18歳人口の減少傾向に歯止めが掛らない状況下にあり、2018年からは120万人を割り、2020年からはさらにその傾向が進展して110万人を割るなど高等教育への進学者が減少することから、各大学は国公立、私立を問わず、多様な入試改革を行なうための方策を講じて学生確保に鎬を削っている。これに加えて体育及びスポーツの分野では、有名私立大学をはじめとした諸大学で関連分野の学部及び学科の新増設が全国的規模で相次ぎ、この分野の専門大学として最も長い歴史と伝統を有する本学においても学生確保の問題は看過できない状況にある。2020年に東京でオリンピックとパラリンピックが開催されるので、この分野は開催までの間、追い風を受けることになるが、2020年後の18歳人口の激減と社会的ニーズの対応を見誤れば強い向かい風を受けることになる。したがって全国的に指導者を輩出してきた本学も、文部科学省の教育政策の変更(収容定員の抑制)と相俟って、そのような現況を危機として受け止めねばならない。優秀な学生(含:障害者アスリート)を全国から確保するための入試の在り方と改善を引き続き図るとともに、肥大化している体育学部を改組して教育の質の確保を図りつつ、国の内外で活躍できる人材の育成と、高齢者や障害者に体育及びスポーツを届けて、「健康な日常生活」を提供できる人材の育成を目指して、新たな本学志願者の発掘を図る必要がある。また、2013年4月開設の児童スポーツ教育学部、2014年4月開設の保健医療学部、2017年4月開設のスポーツ文化学部及び2018年4月開設予定のスポーツマネジメント学部においても優秀な学生を確保するための入試の在り方と改善等を引き続き図ることも喫緊の課題となっている。そのため、各学部の魅力を醸成する必要があり、2017年4月の児童スポーツ教育学部を基盤とする大学院研究科の開設だけでなく、2018年4月の保健医療学部を基盤とする大学院研究科の開設と現行の大学院体育科学研究科新専攻(コーチング学)増設のための申請を行なう。

 そこで、本学法人が掲げる中期ビジョン「世界の獅子たれー教育力の向上を目指してー」の実現に向けた5つのテーマ すなわち ① 2020年東京オリンピック・パラリンピックの拠点構想、② 将来に向けた永続的な発展、③ 社会と世界をリードするグローバル人材の育成、④ 「体育・スポーツ・健康」を社会と世界に発信、⑤ 理事会基本方針「ワンファミリー」「国際化」「選手強化」、を推進するためにグランドデザインを策定のうえ、その具体的施策を立案して、これを事業計画として取り組むものである。取り分け、② の「将来に向けた永続的な発展」に関しては、各学部における教育の質を図るべくFD、SDを推進するとともに、依然として肥大化の状態にある体育学部の改組を図るべく継続的に検討する。

2.事業計画

(1)教育の質の向上(選手強化を含む)

教員の教育技法(学習理論、授業法、討論法、学業評価法、ICT教育機器利用法、メディア・リテラシーの習熟)を向上・改善するための研修会等を積極的に企画推進する。

適切な学生の確保のため入試内容の改革を検討する。

スポーツマネジメント学部(仮称)を新設するための申請を行い、認可を想定し、開設準備・入学試験の計画案を策定する。

大学院体育科学研究科にコーチング学専攻(仮称)の増設ならびに保健医療学研究科(仮称)を新設するための申請を行い、認可を想定し、開設準備・入学試験の計画案を策定する。

各学部のカリキュラムを検証し、改編を検討する。

新設された学部・研究科の円滑な運営を図る。

図書館での情報リテラシー教育を継続する。

教育者としての望ましい人間性と子ども達の模範となる社会性、本学ならではの理論と実践に基づいた専門性を身に付けた教員の養成を実現する。

教員としての資質を十分に備えた学生が現場で活躍できるよう情報を収集し、採用対策強化に努める。

学生のサポート環境の充実を図る。

学生生活指導の充実を図る。

大学の社会的な評価でもある就職率を現状の高い状態を維持しながら質の向上に努める。

入学時から卒業まで段階を追って『人間力』『日体力』を高める。

2020年東京オリンピックに本学出身者を70名以上出場させるための選手強化を推進する。

オリンピアン・パラリンピアン、オリンピック・パラリンピック出場候補者の受入れ拡充を推進する。

学友会運動部所属選手の強化を推進する。

スポーツ局を改組し、アスレティックデパートメントを立ち上げる。

NITTAIDAI DMATを発足し、学内外のスポーツ活動等の場面で発生した傷病者への救急対応を可能にする。

救護用AEDを整備し、学内外のスポーツ活動等の場面で発生した傷病者への救急対応を可能にする。

臨床実習施設スポーツキュアセンターの充実を図る。

(2)研究の質の向上

総合スポーツ科学研究センター内にスポーツ危機管理研究部門を追加し、スポーツ危機管理に関する研究を推進する。

「紀要」刊行と研究成果のリポジトリ化により研究の質の向上を図る。

研究活動推進部門の強化を図る。

リサーチ・アドミニストレーター(URA:University Research Administrator)の配置と育成

科研費獲得に向けた体制強化

府省庁が公募する大型外部資金獲得に向けた体制強化

学術研究補助費による研究成果の評価

研究のための倫理教育プログラムの実施

研究施設・機器の管理部門の強化を図る。

研究施設・機器備品の一元化管理

大型研究機器の選定

出版部門の強化を図る。

「日本体育大学スポーツ科学研究」の質の向上の推進

「オリンピックスポーツ文化研究」の質の向上の推進

イベント企画・運営部門の強化を図る。

学内の研究成果を公開するための研究会の開催

国際的・国内的な研究会の開催

研究機関の質の高い研究と積極的な研究活動を展開する。

体育研究所」における研究の推進(改組を含む)

「オリンピックスポーツ文化研究所」における研究の推進

総合スポーツ科学研究センターを軸に研究機関相互(大学院、体育研究所、スポーツ・トレーニングセンター)の連携を強化する。

体育研究所、スポーツ・トレーニングセンターで発行していたジャーナルの発行内容、形態を変更する。

(3)社会連携・社会貢献活動の強化

東京都世田谷区及び青葉区を中心とした横浜市が抱える体育・スポーツに関する課題を抽出して、その解決に資する取り組みを推進する。

本学独自の資格制度CSC(日体大地域スポーツコーディネイター)を具現化し、自治体や学校等と連携・協力が図れるマネジメント能力を有する人材育成を実現する。

大規模災害に備え、地域の防災拠点となることを目指すとともに、学内及び地域の防災に対する意識の向上を図る。

学校法人日本体育大学が推進する地方自治体との体育・スポーツ・健康等に関する事業に積極的に協力する。

保護者会と連携し、災害ボランティア活動を推進する。

(4)国際交流・国際化の推進

国際化推進のため、海外在留邦人及び外国人、語学力技能の優れた人材に向けた受験機会を拡大させる。

JICAと連携して卒業生を青年海外協力隊員として開発途上国に派遣する。連携案件である短期ボランティアの人員確保を推進する。

現在開設しているグローバルカフェを改編・拡充して、グローバルプラザを設置し語学教育の強化・充実を図る。

本学独自のスポーツ交流を推進する。

海外大学との国際交流協定締結校を増やす。

保健医療学部における、国際的医療人(柔道整復師・救急救命士)の養成を推進する。

(5)計画的な施設設備整備の推進

建物の維持管理に関する経費節減(省エネ・エコ対策を含む)を推進する。

屋内・屋外の運動施設の修繕(既存施設の整備)を図り、施設環境維持により競技力向上を促進する。

新時代の学修環境等を考慮し、整備を進める。

健志台分館と保健医療学部・新学部用図書館を統合したキャンパス図書館を実現する。

女子志願者増加と女子学生の満足度を高めることを意識した施設整備を進める。

経年劣化に伴う設備の修繕等管理を適切に進める。

障がいのある学生の積極的受入れに伴い、学修環境整備の一環として施設等のバリアフリー化を推進する。

(6)ワンファミリーの施策展開強化

併設校との連携を強化する。

本学の支援団体としての保護者会、同窓会の連携を深める『校友会』設置に向けて調整を図る。

オリンピアンズクラブの運営を推進する。

若手同窓との連携を強化する。

(7)財務戦略(募集活動を含む)の強化

退学者防止のため多角的な分析をもとに防止策を策定する。

(8)安定かつ堅固な組織運営体制の構築

社会における本学のブランドイメージの向上を図る。

ホームページの充実と有効活用を図る。

メディアを活用した広報活動の促進とマスコミ対応に努める。

志願者数の増加施策を推進する。

大学案内「NITTAIDAI」およびサブパンフレットを充実させる。

学生募集に関する広報活動を推進する。

東京・世田谷キャンパス広報スペース等の有効活用を促進するため動画コンテンツの制作、編集を行い広報活動の充実を図る。

学内広報活動をし、情報の共有化を徹底する。

職員の育成を図る。

職場環境の整備を推進する。

教職員のメンタルヘルス対応を実施する。

(9)その他

減価償却引当特定資産及び退職給与引当特定資産への積立てを行う。

ページのトップへ
  • 願書・資料請求
  • お問い合わせ一覧